武器輸出、禁止から管理へ 政府、新原則原案で方針転換

武器輸出、禁止から管理へ 政府、新原則原案で方針転換

 安倍政権は5日、武器輸出を原則として禁ずる武器輸出三原則に代わり、新たな武器輸出管理原則を作ることを決め、原案を与党に示した。原則として、武器輸出を禁止してきた従来の方針を撤廃する内容だ。政府は年内の決定を目指すが、新原則は政府方針の大転換になる。(朝日新聞デジタル)
[記事全文]
佐藤内閣などが示した「原則禁止」

[用語]武器輸出三原則
kotobank
資料20 武器輸出三原則等
防衛省

見直しをめぐる議論

武器輸出三原則―その現況と見直し論議―(PDF)
国立国会図書館(2011年11月1日)
武器輸出三原則 不戦の誓い捨て軍拡か
琉球新報(10月23日)
禁輸三原則「撤廃」も/武器輸出に新指針検討/安倍首相前向き/歯止めの議論不可欠
冷戦下で共産圏への技術流出を防ぐ目的の三原則が、武器の国際共同開発が主流の現状にそぐわないとの判断からで、野田民主党政権が進めた禁輸緩和をさらに徹底する。国内防衛産業を育成する狙いもある。※これまでの経緯も。 47NEWS(7月24日)

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6099649

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック