風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクラマルチプレイ専用PC計画準備編

<<   作成日時 : 2016/04/28 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

CPUクーラー交換

LGA2011-v3とLGA1150の交換。
2011-v3では組み上げた当時「良く冷える安い」
「下手に高いのより冷える」
「i7でも良いんじゃね?」
とおすすめされた虎徹が付いてます。

実際冷えており通常使用の温度は50℃を超えないようです。
i7-5930kではAviUtlを使用しても
特別に割り振ったり設定を変えなければ6コア12スレッドは使えず
4コア程度の使用になります。
それよりもキツイのはマインクラフトのサーバーとプレイを
同時起動した場合には冷却が追いつかない可能性があります。

虎徹は「125Wを超えるのは勘弁してね」と注意があり、
5930kはTDP140Wですから超える可能性はあります。

専属ファンも可変速度ですが静音性重視で
サーバー向けの連続可動並に使うと1年ちょっとでへたる可能性があります。

また電源ユニットも注意しないとノイズが発生します。
それら複合的な要因でPCに余裕があってもフリーズする原因となる可能性があります。

ファンは通常風量通常音を1500rpmで回しています。
電源は750Wから手持ち500Wへ交換。
これで春にはやっとマイクラが安定しました。

サーバーデータ保護の為、マイクラプレイ機専用を組むことになり、
LGA1150を選定。
これはマイクラプレイには3.5GHzで3コア3スレッド程度で安定プレイが
出来る実験から、少々お高くて涙が出たi5-4570をオークションで入手。
4コア4スレッドとなっています。
チェックに出していた750W電源も予備交換してもらい帰ってきており
H81M-P33のマザーボード、8GBメモリ、GT730ファンレスをアマゾンで用意。
虎徹の移植用として
TDP210WのRaijintek EREBOSS CPUクーラーをarkから入手。
なんと虎徹の全てにおいて2倍(重量、ヒートパイプ、大きさ)であり
「お、大きいです///」というより圧倒されました。
値段的にはこなれてきており虎徹にちょい予算を足せば買えます。

さて、CPUクーラー移植
2011-v3マザボは旧式PCケースに入っており裏へのアクセスが面倒。
かつ、バックプレートはショートしておらす実績もあり。
調べてみると金属製。
こんなにごちゃごちゃ周辺機器ドライブが付いているなら
バックプレート流用出来るんじゃね?
ということでバックプレート流用計画。

年度末年始、自治会で問題頻発、うつ落ち、眠れず食べられずと闇堕ち。
妻は10月頃から調子が悪く、イラつかせてしまい何度も激怒される。

せっかくヤフオクで資金を作って購入出来たパーツは積んだまま。
少し調子は戻ったもののPCケース無し・SSD無しという状態。

PCケースは自作、手持ちUSB3.0メモリでシステムはLinuxで仮組み、
という計画で仮組み計画は再スタート。

LGA2011-v3のPCケースは重く外部への接続もありほとんど動かせずに分解予定。
LGA1150はPCケース造りからスタート。
たばこは禁煙成功しているが猫毛が強敵。
分解清掃も出来ず花粉もたまるためアレルギーが出るのは必須。
マザーボードが極端に小さく17cmX22cmとITXに迫る大きさなので
電源込でも行けそうな折りたたみ式コンテナ小型の手持ち品を用意。
給排気系の穴を選定、信号線・電源線の穴を選定して穴あけ。
固定にはホットボンドを多用。
使い捨てならダンボールでも良さそうだが、なんとなく作りこみ。
あとでSSDを転がしてもいいように想定。
サイズは現物合わせ。
入出力装置はCPU切替器というPCの切り替えを使う。
音声出力は自作の切替器で。

という作業工程表を作成。

虎徹の元箱を探すあたりで作業部屋が混乱しているのが発覚。
自治会問題で来客アドバイスをもらうのにキッチン兼居間を片付けたら
ヤフオクで作業部屋が一部片付いて一部荒れたでござる。
低気圧も来て頭痛キーン。
猫たち気を使ってぐーるぐる。
気力を振り絞って虎徹の箱を探す。
ない、どこにもない。。。
あの箱にはLGA1150用のバーが入っているハズ。
という訳でゴソゴソと検索、、、
AMD系とインテル系にだけ分かれている事が判明。
ああ、助かった、AMDはソケット939を使っているだけなので無事セーフ。
ダメだったらバックプレート流用どころでなかった(^_^;)

積み上げられたパーツBOXから使いかけのシルバーグリス、USBケーブル
その他ケーブルとグルーガンとグルースティック
慎重を期すため ねじ外し剤 (ネジ頭をなめたらあかん) などを発掘。

さて、うん。
2011-v3のPCを分解するスペースが無い。
1150の予定ケースはどこ?作業スペースどこ?
あれ?切削工具どこ?
電動ドリルはあった。プラのこぎりは?

落ち着こう。これらはあるはずだ。

先にメイン機のi7-5930kのCPUクーラーを交換しないと
何も作業が進まない。
ブラウザ検索はLinux939機でも出来るからいいが他の作業が止まる。
それは避けたいので、まず落ち着こう。。。
こういう時に焦ると失敗する。。。

EREBOSSのマニュアルとパーツを見ると
「ボルト貫通型、プレート打ち抜きプレス」たぶん高さ違い。
死んだ。
バックプレート側からボルト通さないと駄目じゃん。
という訳で5930k側は全分解決定。i5は仮組みと全組み立て決定。
(´Д`)ハァ…

ちょっと大きいだけのITXケース探すか?あ、虎徹入らん。
オリコン出てきたので大雑把にサイズ合わせ、うん入るな。
オリコンでいいのは猫がちょっかいを出すのを阻止出来ればいいので。
HDD入るわけでもなく高加熱が接するわけでなく、、、

排気ファンは鯖ケース用に買ってサイズ失敗した18cmにするか12cm通常にするか
まだ決めていない。
吸気口は12cmファンカバーだけにするので穴あけだけ。
まぁ、穴開けちゃうので折り曲がる部分はグルーでねちょ固定だな。

オリコン準備してみたけどどこに置くんだろう。
VGAケーブルはたしか延長があったはず、電源と有線LANがあればいいけどな。
スイッチ・ランプ・ブザー類は自作延長予定。
通気出来てたまに猫毛を掃除出来ればok。
DVI-Dあるからキーボードとマウスを専用に持ってくればCPU切替器は通さなくて済むけど
それも置き場所に悩むとこ。
どうせならセガサターンのジョイスティック改造してマイクラやらせろよ、と無茶を言ってみる。
こうゆう商品があるので改造だとパーツ代で負ける。
SS-USB コントローラーアダプター http://www.amazon.co.jp/dp/B00C54IL1E
やっぱりキーボードとマウスかな・・・

鯖側になるi7-5930kはwin7なのでメモリリーク激しくてファイアフォックスを大量にタブ開け閉めすると止まる。
必要事項をブックマして再起動。

電動ドリルのビットパーツが出てきたので穴あけしたら削っていこう。
Pカッターは出てきていないので素材アクリル板加工は今のところ出来ない。

通信用と信号線用の配線ケーブルとしてのLANケーブルも箱ごとある。
信号線を引っ張りだすコネクタ線もLANコネクタなども見つかる。
忘れ物パーツはないかな?

無いもの:タクトスイッチのまとめ買い袋、LEDのまとめ買い袋、基板留め
小袋入りは出てきてる

準備はこんな感じ。
あんまり自分自身に負荷かけてもしょうがないので作成記事は次回以降へ。
(だって作業場所無いんだもん)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイクラマルチプレイ専用PC計画準備編 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる