風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS TZ-DCH500&TZ-DCH505&TZ-DCH800 STBメンテナンスモード

<<   作成日時 : 2014/02/01 02:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

順番に説明しますが、この操作にはリモコンが必要です。
パナソニック「STBサービスモード」

(1)チューナーの電源を入れる。
(2)本体のサービス切り替えボタンと、下向きの矢印ボタンとリモコンの10番を同時に数秒間押す
(3)サービスモード画面に入れたら、受信設定を選択し、リモコンの決定ボタンを数秒間押す。
(4)暗証番号の入力画面で「2826」と入力する
(5)受信画面設定に入れたら、リセット操作をした後に現在表示されている周波数情報が必要になる場合があるので、すべてメモする
・もし、チューナー側で録画設定などができるようにしている場合、その設定もメモしておきましょう。


・これ以降は本当に初期化するので、メモした情報が確実にあっているかもう一度確認してから行ってください。

(6)サービスモード画面で、センター接続テストの右側にある空白を選択し、リモコンの決定ボタンを数秒間押す
(7)暗証番号入力画面で「3726」と入力する
(8)工場出荷設定が出てくるので、それを選択しリモコンの決定ボタンを押し、OKとなるまで待つ
(9)OKとなったら電源を切り、本体のリセットボタンを押す

・これで工場出荷状態になりましたので、これ以降は初期設定となります。

(10)電源を入れ、本体のサービス切り替えボタンと下向きの矢印ボタンと、リモコンの10番のボタンを押し、サービスモードに入る
(11)サービスモードに入れたら、受信設定を選択し、リモコンの決定ボタンを数秒間押す
(12)暗証番号を「2826」と入力する
(13)受信設定画面に入れたらその中に、自動設定ボタンがあるので選択し、リモコンの決定ボタンを押し、設定されるのを待つ
・自動設定で、メモした設定と違う周波数が表示されてしまったり、周波数自体が表示されない場合は、修正したいモードを選択し、リモコンの決定ボタンを押す。
手動受信設定画面が出てくるので、その中にあるNIT取得周波数というボタンを選択し、リモコンの決定ボタンを押すと、直接入力が可能なので入力する。
(14)受信設定画面で地上デジタルがOFFとなっていると思うので、地上デジタルを選択し、リモコンの決定ボタンを押し、地上Dチャンネル設定画面に入る
(15)初期スキャンを選択し、リモコンの決定ボタンを押し、自分の住んでいる地域を選択するとスキャンが始まるので、スキャンが終了するまで待ち、設定 が終わったら終了を選択し、リモコンの決定ボタンを押し、設定を反映させるため、「はい」を選択し、リモコンの決定ボタンを押す
・夜中などのテレビ局が電波を発信していない時間に設定すると、その局は設定がされなくなってしまいますが、ここでこの設定を一度でもしておかないと、地上デジタル自体がOFFになったままになってしまうので設定は必ずしておいてください
(16)通常の画面に戻り、メニュー画面などを使って設定したものをもう一度設定しなおす

面倒かもしれませんが、やってみる価値はあると思います。
有料チャンネルなどの契約情報はカードに記録されているので、今回の操作では消えません。
一応、私の持っているチューナーのTZ-DCH505で確かめながら書いたので、操作自体は分かりやすくなっていると思います。
TZ-DCH500と操作自体は同じなはずなので、心配は要らないと思います。

というの(上記)をネットから拾って500と800で操作して確認出来た。
どうも基本的なカード入ってます信号しかB-CASからは拾ってなくてほとんどSTB本体が受信信号の処理を行ってるようだ。ちなみに初期化してもカード内の情報は上書きされない。
C-CASカードを持っているとマレだが番組名が表示されて音声だけ出たりする事がある。
基本的には地デジは無料、再送信してるBSについてはケーブル放送のサービス内だが無料と考えていいと思う。
契約にはCATV(CS)の局数いくらかとネットと電話のうち少なくても2つ以上が選べるだけ。(J-COM)
うちは強電界過ぎての再送信なのだがTVを見る世代は30代以上がほとんどで特に老齢世代が多く、この再送信でのサービスはメンテ要員(操作説明含む)の派遣として契約サービスがある物とかんがえるとスッキリする。
オクとかでSTBをポチッてもアンテナ線やら操作やら全部自分で出来れば「地デジとBSは料金をもらわない」との言質をj:comから取ってある。
BSのnhkテロップ消しは障害者などで料金の減免・免除の申請が出来て登録すると電話でB-CASのカード番号を伝えるとテロップを消してくれる信号を送ってくれる。
画像

ちなみにSTBのこのような古いタイプはS端子などでアナログキャプチャ録画するとコピーキャンセルされるので、悪用の意思は全く無いが自分のPC内での移動管理では面倒が無い。TVにはD端子などで接続出来る。
2015年にはこれらの古い端子規格が排除されるウワサがあるがわざわざ古いSD画質にこだわる必要性も無いだろう。(見るだけならHDに比べてPC記録容量が少ない点はある)
我が家は眼が悪いのでHDだ4Kだ8Kだ3Dだ言われても旨味が無い。
かなりTVは放送内容がつまらなくなっているので、そこを面白くしろと言ってもまあ仕方がない。
CS契約でもすれば多少はミのある放送は見られるのだろうがたぶん放送局は4k放送の方に力点を入れてると思っていいと思う。実質ネットを超えるのは難しいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
記事とはあまり関係ないかもしれませんが、おわかりでしたお教えください。
以前JCOMと契約、その後解約したがチューナーTZ-DCH500はそのままだったので、BSデジタルチューナーとして使用してました。
その後再契約し、新チューナーが入りましたので、「マンションがCATVのせいで無料のBSデジタル放送が見れない」と言っていた知人に譲ろうか、と思っています。
私も常々その不条理は感じていましたので。。。

それで、JCOM系であるが会社、地域が異なる、直前まで見れていたがカードは挿入したままで別回線で運用、という条件でBSがそのまま見れるでしょうか?

または、こちら記事の設定をする事で見れるようになるでしょうか?

元々は「同じJCOMだからそのままいけるんであげるよ」と言っていたのですが、それに際しましてちょっとしらべてみると「サービスモード」という文言を見つけ気になりましたもので。。。

よろしくお願いいたします。

zapper
2017/05/05 17:14
「J:COMで地域が同じ」なら渡すだけですんなりいくかもですが。

J:COMも同じ周波数チャンネルで送信しているとは限らないので上手くいくかわかりません。
自分もSTBを譲り受けた時には記事のようにリセットして再受信して設定し直ししました。

某局は書いてある様に減額・免除規定を見て申告した方が良さそうです。現在は訪問員ではなく受信信号と住所氏名を突き合わせて書面で警告が行くようです(無視だと裁判らしいです)
J:COMと某局は直結していないようですけど。

見られなくてかつこの機種なら記事の通り設定してみて下さい。他機種については検証していないので何とも言えないですが。
あくまで地上波とBSだけですけどね。
CSは契約して下さい。

それと、アンテナケーブルとコネクタは業者用の物が格段に良いのでそれらを扱う工具を含めるとJ:COMに契約してしまうのもまた一つの手かもしれません。

ここは契約見送って4K/8K放送が来てから契約というのもアリです。それまではBSだけ見るチューナーという扱いもいいのかもしれません。

コレという回答が出せなくてごめんなさいね。
ブログ主
2017/05/10 00:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
TZ-DCH500&TZ-DCH505&TZ-DCH800 STBメンテナンスモード 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる