風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸自PKO部隊、在スーダン韓国軍に弾薬提供

<<   作成日時 : 2013/12/27 03:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国、銃弾は日本に要請せず 

韓国外務省報道官が、銃弾は「国連に要請した」と述べ、日本に要請していないとの認識を強調。
2013/12/24 18:59 【共同通信】
http://www.47news.jp/FN/201312/FN2013122401002610.html


韓国軍部隊長から電話で要請 

南スーダンでの韓国軍への銃弾提供で韓国軍部隊長から直接、電話で要請があったと現地の陸自隊長。
2013/12/24 18:03 【共同通信】
http://www.47news.jp/FN/201312/FN2013122401002407.html


「韓国から要請あった」と菅氏 報道官発言に反論

 菅義偉官房長官は24日の記者会見で、南スーダンに国連平和維持活動(PKO)で展開する韓国軍への銃弾提供をめぐり韓国国防省報道官が「(銃弾は)不足していない」との認識を示したことに反論した。「日本政府には国連、韓国から要請があった。それが全ての事実だ」と述べた。

 銃弾提供後、国連から日本政府に謝意が示され、現地の韓国軍からも自衛隊に謝意の表明があったことも明らかにした。

 南スーダン情勢については「予断を許さない状況だ。十分に自衛隊員の安全を確保しながら活動していく」と強調した。
2013/12/24 14:45 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122401001973.html

日本へ謝意表明なし=自衛隊の弾薬支援−韓国

 【ソウル時事】韓国外務省報道官は24日の定例記者会見で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍への自衛隊の弾薬支援について「追加の防護力を確保する意味で、UNMISSに支援を要請し、UNMISSを通じて支援を受けた。それ以上でも以下でもない」と述べ、謝意表明を含め、日本の支援への評価に言及しなかった。

〔写真特集〕南スーダン首都で戦闘〜韓国軍に提供の陸自5.56ミリ普通弾〜

 弾薬支援が日韓関係の改善にプラスに働くとの見方がある一方で、韓国では集団的自衛権行使を含む日本の「積極的平和主義」を正当化する口実を与えたとの批判もあることを考慮したとみられる。
 日韓関係に及ぼす影響については「歴史問題については原則に立脚し、断固として対応する。必要な分野の協力は続けていく」との基本的立場を繰り返した。 
 報道官は、UNMISSから連絡を受けた日本政府から在日韓国大使館を通じて「韓国政府として支援を要請したということで間違いないか」との問い合わせがあったことも明らかにし、あくまでUNMISSを通じた支援だったことを強調した。
 一方で、「集団的自衛権や日本の軍備増強とは何の関係もない。そうした事案ではない」とも語り、冷静に受け止めるよう求めた。(2013/12/24-17:34)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013122400662

小銃弾提供時、韓国隊「周りは敵だらけ」と切迫
 小野寺防衛相は24日、紛争が拡大している南スーダンで活動する陸上自衛隊を指揮する井川賢一1佐とテレビ電話で会談した。(読売新聞)
[記事全文]

◆韓国軍指揮官から依頼されたと説明
・ <PKO弾薬提供>韓国指揮官が依頼…陸自隊長 - 毎日新聞(12月24日)

◆食い違いが生じる
・ [映像]銃弾1万発提供、政府と韓国国防省の説明に食い違い - 政府は緊急性が高いと説明していましたが、受け取った側の韓国国防省が「銃弾は不足していない」と説明し、食い違いが出ています。TBS系(JNN)(12月24日)
・ 韓国への銃弾提供、「緊急時の例外的措置」=小野寺防衛相 - ロイター(12月24日)
・ 一般的な相互協力…陸自の弾薬提供に韓国国防省 - 読売新聞(12月24日)

◆野党は閉会中審査を要求
・ 「政策変更」「危険な一歩」=銃弾提供で閉会中審査要求―野党 - 時事通信(12月24日)
・ [映像]日本 他国軍に初の武器提供、野党から反発相次ぐ - 政府側は過去の国会答弁で「仮に国連事務総長から弾薬の提供の要請があっても断る」と説明してきたこともあり、野党側からは反発の声があがっています。TBS系(JNN)(12月24日)

◆南スーダンの事態は
南スーダン 迫る虐殺の危機 - Yahoo!ニュース(12月24日)
関連トピックス

韓国報道官 弾薬不足を否定(24日) / 弾薬提供で日韓関係改善狙う(24日) / 銃弾提供は武器三原則の例外(23日) / 陸自の銃弾提供へ PKOで初(23日) ...

Ads by Yahoo! JAPAN
ニュース

韓国に銃弾提供、要請時のやり取り明らかに(日本テレビ系(NNN))動画ニュース24日 - 23時10分
<PKO弾薬提供>韓国指揮官が依頼…陸自隊長(毎日新聞)24日 - 21時25分
<PKO弾薬提供>野党、国会で説明要求(毎日新聞)24日 - 21時21分
自衛隊が韓国軍に弾薬無償譲渡、武器輸三原則の「例外」として―韓国メディア(XINHUA.JP)写真ニュース24日 - 20時17分
銃弾提供「やむを得ない」=山口公明代表(時事通信)24日 - 20時4分
韓国政府の対日姿勢に変化か、歴史問題と安保協力を分離=韓国報道(サーチナ)24日 - 19時26分
自衛隊「弾薬提供」に八つ当たりの韓国紙 「日本はいわば殺人犯、レイプ魔なのに…」(J-CASTニュース)写真ニュース24日 - 18時10分
自衛隊から銃弾提供、予備で確保した〜韓国(日本テレビ系(NNN))動画ニュース24日 - 17時32分
「政策変更」「危険な一歩」=銃弾提供で閉会中審査要求―野党(時事通信)24日 - 16時10分
韓国軍へ弾薬提供、日本の本音は武器輸出3原則の見直しか=韓国(サーチナ)24日 - 15時51分

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/peacekeeping_operations/?id=6101673

小銃弾提供時、韓国隊「周りは敵だらけ」と切迫

読売新聞 12月24日(火)21時46分配信

 小野寺防衛相は24日、紛争が拡大している南スーダンで活動する陸上自衛隊を指揮する井川賢一1佐とテレビ電話で会談した。

 井川1佐は、陸自が23日に国連を通じて小銃弾1万発を韓国隊に提供した際、韓国隊の隊長から「周りは敵(の反政府勢力)だらけで弾薬が不足している」などと切迫した要請があったことを明らかにした。

 韓国国防省の報道官は24日の記者会見で、派遣部隊の予備弾薬が不足したわけではなく、あくまで緊急事態に備えた措置だと主張。日韓の主張の違いが浮き彫りになっている。

 井川1佐などによると、日本時間の22日未明、同国ジョングレイ州のボルで活動する韓国隊の隊長から、「ボルの活動拠点内には1万5000人の避難民がいる。敵については北から増援も確認されている。1万発の小銃弾を貸してほしい」と電話で要請があった。日本側が小銃弾を引き渡したところ、23日夜、韓国隊から「ボルの宿営地と避難民を守るために使う。本当にありがとうございました」と連絡があったという。

最終更新:12月24日(火)21時46分

読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00001234-yom-pol


初の銃弾提供、韓国軍に=南スーダンPKOで―政府

時事通信 12月23日(月)15時33分配信

 政府は23日の持ち回り閣議で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍に対し、陸上自衛隊の小銃弾1万発を提供することを決めた。国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき、国連を通じて行う。自衛隊の銃弾が海外で他国の部隊に提供されるのは初めて。「緊急の必要性・人道性が極めて高い」として武器輸出三原則の例外扱いとする。ただ、同法には弾薬を含む兵器の提供を明記した規定はなく、法解釈が曖昧だとして国会で論議を呼びそうだ。
 UNMISSと韓国軍は22日、日本政府に銃弾の提供を要請。UNMISSに参加している各国部隊で韓国軍と同じ口径5・56ミリの小銃を使用しているのは自衛隊しかないことから、無償提供に踏み切った。銃弾が韓国軍に届き次第、菅義偉官房長官が談話を発表して見解を表明する。
 政府は提供に際し、PKO法25条の「PKO、人道的な国際救援活動または国際的な選挙監視活動に協力するため適当と認めるときは、物資協力を行うことができる」との規定を適用した。ただ、政府は過去の国会答弁で、PKOに従事する自衛隊が他国部隊に武器や銃弾を提供することは想定していないとの見解を示している。この点について政府の国際平和協力本部は23日、「物資協力の中で明示的に武器・弾薬を除くとの規定は設けていない」と説明した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131223-00000032-jij-pol


韓国、銃弾提供の日本に遺憾伝達 「政治利用」と

 【ソウル共同】韓国紙、朝鮮日報は25日、日本政府が南スーダンで国連平和維持活動(PKO)を展開する韓国軍への銃弾提供を「政治的に利用している」として、韓国政府が外交ルートを通じて日本に強い遺憾の意を伝えたと報じた。韓国政府高官の話としている。

 銃弾提供に関する官房長官談話で「今後も国際社会の平和と安定により一層貢献していく」と明記したことなどを念頭にしたとみられる。

 高官は「国連を通じて銃弾を迂回支援してもらっただけなのに、日本が軍事的役割の拡大につなげようとしている」と不快感を示したという。
2013/12/25 11:58 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122501001182.html?utm_content=bufferd38c7&utm_source=buffer&utm_medium=twitter&utm_campaign=Buffer


銃弾提供 韓国が問題広がらないよう求める
12月25日 21時46分

南スーダンで国連のPKO=平和維持活動を行っている韓国軍の部隊が、現地の自衛隊からおよそ1万発の銃弾の提供を受けたことを巡って、韓国国内では日本が集団的自衛権の行使などに利用しようとしているという批判が高まっていて、韓国政府は日本に対して、政治的に問題が広がらないよう求めました。

韓国軍は特殊部隊70人を含むおよそ280人が、南スーダン東部ジョングレイ州の州都ボルでPKO活動に参加していますが、大統領を支持する部隊と前副大統領を支持する部隊の戦闘が韓国軍の駐屯地近くまで拡大していることから現地の陸上自衛隊に銃弾の提供を求め、1万発の提供を受けました。
韓国では、軍の見通しの甘さが韓国で反発の強い安倍政権の安全保障政策を後押しすることになったという批判とともに、日本が集団的自衛権の行使など政治的な問題に利用しようとしているという日本への批判も高まっています。
こうしたなか、韓国政府の高官は、日本に対して、今回の銃弾の提供で、政治的に問題が広がらないよう努力を求めたことを明らかにしました。
これについて、韓国メディアも「日本に対して遺憾の意を伝えた」などと報じていて、韓国政府の対応の背景には、日増しに高まる政府への批判を、かわすねらいがあるものとみられます。
また、南スーダンの状況について、韓国政府当局者は、現地時間の24日、韓国軍の駐屯地からおよそ4キロのところで戦闘が行われ、韓国軍からおよそ300メートル離れたネパール軍の駐屯地に迫撃砲弾2発が着弾したと話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131225/k10014111951000.html

陸自PKO部隊、在スーダン韓国軍に弾薬提供
記事 そもそも武器輸出三原則にあたらない

花水木法律事務所
2013年12月24日 00:09

http://blogos.com/article/76477/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸自PKO部隊、在スーダン韓国軍に弾薬提供 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる