風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS とりあえず中韓まとめ記事

<<   作成日時 : 2013/12/14 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 哲学者、田中美知太郎氏は現実の政治に対してもさまざまに発言している。特に著書
『今日の政治的関心』での言葉は有名だ。「いわゆる平和憲法だけで平和が保障される
なら、ついでに台風の襲来も、憲法で禁止しておいた方がよかったかも知れない」。

 ▼憲法9条さえあれば平和を守ることができる。そんな戦後の現実離れした平和主義や
護憲運動を痛烈に皮肉っているのだ。碩学(せきがく)のこの「金言」を持ち出すまでもなく、
今の日本は憲法だけで国を守れる国際環境の中にはいない。いやむしろその憲法ゆえに
危うくなりつつあるといえる。

 ▼沖縄の尖閣諸島に食指を動かす中国はついに「日本の実効支配の打破」とまで言い
出した。いよいよ「本気」である。多数の日本人を拉致した北朝鮮は、核実験や日本の
上空を通過しそうなミサイル発射で威嚇する。近隣諸国はもう、やりたい放題だ。

 ▼少々乱暴を働いても、日本は「平和憲法」による自縛で手も足も出ない。そう踏んで
いるのだ。つまり、9条を改正して反撃力を持つことこそが、横暴に対する最大の「抑止力」と
なる。日本にとって、何よりもの「安全保障」となるのである。

 ▼大震災のときにも憲法の「欠陥」があらわになった。災害や大規模テロを受けるという
非常事態を想定していないからだ。もちろん「大災害禁止」と書くわけではない。しかし
緊急事態が宣言できるよう憲法に明記することは、国民を守る上で不可欠だ。

 ▼産経新聞は国の根本的立て直しを目指し「国民の憲法」起草委員会を発足させた。
本来、政治が果たすべき役割だが、その動きは鈍い。及ばずながら改正が「焦眉の急」で
あることを訴えていくしかないと考えたからだ。

ソース    msn産経ニュース 2012.3.28
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120328/plc12032803180003-n1.htm


教科書の事実歪曲は日本だけじゃない!?多くの外国教科書で「韓国を否定する描写」―韓国メディア
XINHUA.JP 12月12日(木)6時43分配信

韓国紙・中央日報の中国語版ウェブサイトは11日、外国で発行されている教科書の多くに韓国を否定する描写が存在すると報じた。

韓国外交部の馬寧三・公共外交大使(53)は「教科書の事実歪曲は日本だけでなく、韓国の友好国ですら発生していた。誤った記述や事実の歪曲が存在する教科書がある」と強調し、具体例を挙げた。

韓国外交部が最近行った調査によると、メキシコでは中高の歴史・地理教科書に1960年代の朝鮮半島が日本の植民地として記載されていた。オランダでも小学校の地理の教科書に「韓国人の大半が漁業で生計を立てる貧しい国」といった内容の記述があった。エクアドルはかつて韓国軍とともに戦った仲だが、歴史教科書には韓国に関する記載が全くなかった。

馬大使はこうした現状を踏まえ、「来年度は予算を増やしてでも、積極的に外国の教科書の韓国に関する誤った記述を正していきたい」と話している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000007-xinhua-cn

韓国の若い世代はこのことを知らない。「有史以来、朝鮮半島の国は独立国家であった」などというデタラメが学校で教えられているからだ。
独立門前で「この独立って、どこの国からの独立?」と質問すると、多くの若者はそんなことも知らないのかと憤慨しつつ「日本からに決まっているだろう」と答える。しかし、そこで「でも、説明板を見てごらん。この独立門が建てられたのは一八九七年だ。韓国併合は一九一〇年だし、光復(独立)は一九四五年だろう。それ以前の話なんだよ」と言うと、彼等は絶句し思考停止してしまう。
※週刊ポスト2011年12月16日

― ソウル独立門の由来に現地若者「日本からだ!」→正解は中国(NEWSポストセブン) - livedoor ニュース (via lovecake)
http://news.livedoor.com/article/detail/6099495/


韓国国会は予想以上にひどかったようです。

韓国国会は12月10日に閉会を迎えましたが、
http://media.daum.net/politics/newsview?newsid=20131210164710450
(リンク先韓国語)
の記事では
――-
与野党の無駄な政争が続いただけで、法案や予算処理など本来の役割をきちんとこなしておらず、「歴代最悪の高コスト·低効率」国会という評価を避けるのが難しくなった。
今年の定期国会で可決された法案は34件で、件数を見ても大幅に実績が減少した。
2009年から昨年までの5年間での可決件数の平均は77.5件だったが、
今年は半分以下に減った。
拙速立法、一夜漬け立法の批判から逃れることはできない状況だ。

与野党は会期終了前日まで一件の法案も処理できず、初の「立法ゼロ」の危機に追い込まれた。
9日にあわてて法案審査を行い、最終日のこの日の本会議で37件を処理したが、かかった時間は95分に過ぎなかった。
2分30秒に1件の割合で法案を通過させたことになる。
賛否討論が行われた議案は1件、一人に過ぎない。
――-
というようなことが書かれています。

パククネの無能ぶりが光ります。
外交などといって日本に対抗してあちこち回っては
「日本の悪口を言うだけ」でしたが、
自分の足下の韓国国会は事実上放置になっていた形です。

そしてたった1日で慌てて34法案を採決。
(予算など重要なものは未処理)
そんな中でこの「国立博物館の文物を寄越せ」も可決されました。

日本相手なら特に審議など不要で一発可決できるわけですから、
こんな国と真の友好なんぞ未来永劫ありえません。

― 日本の民主党政権以下 : パチンコ屋の倒産を応援するブログ (via mug-g)
http://ttensan.exblog.jp/20092507/



石破さん、福島さんに鋭く切り込む。

「日本人がソウルで命の危険にさらされたとき、あなたは
救けに行くのか、行かないのか!」


福島、絶句。
答えないまま、数秒間が過ぎ、スタジオ内は異様な雰囲気に
包まれる。

石破さん、更にツッコむ。福島さんに人差し指を鋭く
突きつけるように、

「救けに行くのか、行かないのか!」

福島さん、何か他のことに話をそらそうとするが

石破さん「救けに行くのか行かないのか、答えなさい!」

福島さん、やや口を閉ざしているが、


「いえ、だから・・・」と口ごもるが
居直ったように

「アメリカの海兵隊が救いに行くと(石破さんが)言うけれど
彼らが救うのはまずアメリカ人ですよ!」
(あなたは救いに行くのか、という直接的な問いには
答えぬまま)


石破さん、憤然として

「それは当たり前でしょ! だから自衛隊法を変えようとしたら
それを反対したのは、あなたじゃないですか!」


福島さん「いや、だ、だからそれは・・・・」


福島さんの絶句ぶりにスタジオ内、失笑ともつかぬ微妙な笑い声が
漏れる。


以上、記憶による再録なので、言葉遣いその他の詳細は
正確ではありませんが、発言の大意と流れはこんな
感じでした。



福島瑞穂の絶句 - 祈祷師・inoribitoびびこの寿日記ファン倶楽部 (via ittm) (via applemecanique) (via kawanabe) (via spankinggogo) (via sierra7) (via hustler4life) (via fatherion) (via error888) (via joker1007) (via fukumatsu) (via zoozoozoo) (via maconn) (via jacony) (via mnak) (via ipodstyle) (via quote-over100notes-jp)

今こそ注目すべき

(via highsea)

(via shinjihi)
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/8b419311a68675497308a10ee28456c8


※つまりメンツが大事だけど仕事しないし日本にたかってお金せびればいいって思ってる?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
とりあえず中韓まとめ記事 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる