風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛予算23兆9700億円で最終調整へ

<<   作成日時 : 2013/12/13 06:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

防衛予算23兆9700億円で最終調整へ
12月13日 4時18分

防衛省は今後5年間の防衛費の総額などを定める中期防=中期防衛力整備計画で、防衛予算の総額をおよそ23兆9700億円としたうえで、調達コストの削減などで捻出する、およそ7000億円も使えるようにする方向で最終調整に入りました。

防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」に基づいて、来年度・平成26年度から5年間の防衛費の総額などを定める中期防=中期防衛力整備計画を巡って、12日、麻生副総理兼財務大臣と小野寺防衛大臣が会談し、折衝を行いました。
その結果、5年間の防衛予算の総額を民主党政権が策定した計画よりも4800億円多いおよそ23兆9700億円としたうえで、調達コストの削減などで捻出するおよそ7000億円も使えるようにする方向で最終調整に入りました。一方、「大綱」に盛り込まれる自衛隊の人員や装備品については、中国の軍用機の増強に対応するため、戦闘機部隊に偵察機部隊1個飛行隊を編入して13飛行隊に増やし、旧式化した偵察機は、順次、戦闘機に置き換えるなどとしています。
また、陸上自衛隊の定員は現員を維持して15万9千人とするほか、海上自衛隊の護衛艦はイージス艦を2隻増やして8隻態勢とし、全体では6隻増の54隻とする方向です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131213/k10013798951000.html

関東を担当する陸上自衛隊第1師団は基地防護などの人員を含めて全部で約7千人しかいない。
万一、平成関東大震災や西日本大震災が起きて東京が被災しても実際に直接助けてもらえることはほぼ無い。
関東とその近辺は合わせて約4千万人居る。
消防・警察の人員は少ない。
公務員全部に対して居住者は100倍以上居るので何かしてもらおうと思うほうが間違いである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛予算23兆9700億円で最終調整へ 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる