風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS フィリピン被災地 一部学校授業再開

<<   作成日時 : 2013/12/12 13:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フィリピン被災地 一部学校授業再開
12月10日 4時0分

台風の直撃で壊滅的な被害を受けたフィリピンの被災地では災害から1か月がたち、一部の学校で授業を再開するなど復旧に向けた動きが本格化し始めています。

ことし最も強い勢力となった台風30号の直撃から1か月がたったフィリピンでは、これまでに5924人の死亡が確認され、今も400万人近くが避難生活を余儀なくされています。
猛烈な暴風雨と高潮で壊滅的な被害を受けたレイテ島のタクロバンでは、ほとんどの学校が避難所として使われていますが、被災から1か月がたつなかで一部の学校が授業を再開しました。
しかし、台風で犠牲になった子どもや避難を続けている児童も多く、市中心部の小学校ではこれまでに戻ってきた児童が、全校児童2700人のうち、750人にとどまっています。
学校では、専門家の力を借りて子どもたちの精神的なケアも行っていて、絵を描かせたり、被災したときのことなどをゆっくりと話し合ったりして、子どもたちが受けたショックを少しでも和らげようとしていました。
学校では高潮で教材のほとんどが流されたほか、教科書やノートも足りてないということで、本格的な授業の再開までにはまだ当分、時間がかかるとしており、政府や国際機関などの一層の支援が求められています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131210/k10013703811000.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィリピン被災地 一部学校授業再開 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる