風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS SATA12ポートの最強Mini-ITXマザー、ASRock「C2750D4I」アキバに登場

<<   作成日時 : 2013/12/06 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SATA12ポートの最強Mini-ITXマザー、ASRock「C2750D4I」アキバに登場
2013年11月26日 20:00 更新
2013年11月26日エルミタ取材班

 ASRock Incorporation(本社:台湾)から、合計12ポートのSATAポートを搭載するMini-ITXマザーボード「C2750D4I」が登場した。組み込み向け製品ながらオリオスペックでは単体発売にも対応する。

the Voicesで一報をお届けした、Atom C2750(8コア/定格2.40GHz/TB時2.60GHz/キャッシュメモリ4MB)搭載Mini-ITXマザーボード「C2750D4I」の入荷をオリオスペックで確認した。同店によれば組み込み向けながら、単体での発売にも対応するとのこと。なお入荷量は少量で、売価は税込48,800円。

サーバー向けらしい高い拡張性が特徴で、SATAポートは、C2750によるSATA3(6.0Gb/s)×2、SATA3(3.0Gb/s)×4の他、Marvell SE9172によるSATA3(6.0Gb/s)×2と、Marvell SE9230によるSATA3(6.0Gb/s)×4の計12ポートを標準装備。ネットワークはIntel i210チップ×2によるデュアルギガビットLAN構成で、2つのポートまとめて冗長構成とするチーミングをサポート。さらにメモリスロットはECC対応DDR3×4が用意され、最大64GBまで増設できる。

グラフィックスチップはASPEED「AST2300」、拡張スロットはPCI-Express2.0(x8)で、バックパネルインターフェイスはD-Sub×1、ギガビット有線LAN×2、マネジメントLANポート×1、シリアルポート×1、USB2.0×2。対応OSは、Windows Server 2012/2008 R2 SP1、Cent OS 6.4/5.10、SUSE Enterprise Linux Server 11 SP1、FreeBSD 9.1、Fedora Core 19、Ubuntu 12.10/12.04、VMWare ESXi 5.5。

なおオリオスペックでは、オリジナルNASケース「ZNSC-800P」やSilverStone「DS380」を採用した完成品の発売も予定している。

http://www.gdm.or.jp/crew/2013/1126/52399?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

http://akiba-souken.com/article/pc-parts/18391/

2chでは「M-ATXでいいじゃない」と言われている。







アマゾン→パソコン・周辺機器
 


アマゾン→PC周辺機器おすすめ


アマゾン→ペット用品おすすめ



アマゾン→ホーム&キッチンおすすめ



アマゾン→食品&飲料おすすめ







html構造文管理に Created by ez-HTML を使用しています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SATA12ポートの最強Mini-ITXマザー、ASRock「C2750D4I」アキバに登場 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる