風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風26号27号被害 私的まとめ情報

<<   作成日時 : 2013/11/02 15:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/news/20131015taifu.pdf
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/datasheet/d-shelter/20131016taifu2602.pdf
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/10/16a.html
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/10/16b.html
山手線も空の便も…通勤客ら170万人超に影響
2013.10.16 23:06 [天気・気象]
台風26号の大雨で冠水した東武線のせんげん台駅。足首までつかっての通勤、通学となった=16日午前8時7分、越谷市千間台東(瀧誠四郎撮影)

台風26号の大雨で冠水した東武線のせんげん台駅。足首までつかっての通勤、通学となった=16日午前8時7分、越谷市千間台東(瀧誠四郎撮影)

 台風26号による強風や大雨の影響で、日本列島は16日、関東を中心に鉄道や空路のダイヤが大幅に乱れ、通勤客ら延べ170万人以上に影響が出た。

 東海道新幹線は午前中、東京−新大阪間の上下線計12本が運休。上下線計105本に最大165分の遅れが出た。JR東日本では台風接近を見越し、前日の15日段階で、16日の東北、山形、上越、長野の新幹線計31本の運休を決めていたが、16日朝から各地の風速計が規制値に達し、運転見合わせが続出。さらに秋田新幹線の6本が運休した。

 首都圏の在来線は始発から運転本数を減らし運行。通常運転を予定していた山手線でも線路で飛来物が見つかり運休や遅延が出た。私鉄の小田急、京成、京急、東京メトロなどでもダイヤが乱れた。鉄道の影響人員は延べ約164万人。

 空の便もダイヤが乱れ、日航は国内線203便、全日空も国内線と国際線計213便が欠航。合わせて6万人以上に影響が出た。

 高速道路は東名高速道路の富士インターチェンジ−清水ジャンクション間が高波の影響で通行止めになったほか、首都高速道路や東関東自動車道など多くで一時不通となった。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131016/dst13101623070054-n1.htm


台風26号 女川で最大瞬間風速45.5メートル 宮城
2013.10.17 02:12

 大型で強い台風26号は16日、東北地方に接近し、各地で被害が出た。仙台管区気象台によると、午前9時32分に宮城県女川町江ノ島で最大瞬間風速45・5メートルの猛烈な風を記録するなど、各地で暴風雨に見舞われた。この影響で岩手、宮城、福島の3県で合わせて男女8人が転倒するなどして重軽傷を負った。鉄道各社が始発から運転を見合わせ、通勤の時間帯などで大勢の利用客の足が乱れた。

 福島県いわき市小名浜に住む女性(82)が、強風で転倒し、軽傷。宮城県では石巻市内で男女2人がけがをしたほか、塩釜市でも男性が転倒し、左足骨折の疑いがあるという。岩手県では大船渡市、花巻市、大槌町で計男女4人が軽傷を負った。

 仙台管区気象台によると、女川町の最大瞬間風速は10月の観測史上最大を記録したという。1時間当たりの雨量も同町で午前9時半ごろに31ミリを観測し、同月観測史上最大となった。午後3時に台風26号は温帯低気圧となったが、引き続き河川の増水や高潮に警戒を呼びかけている。

 河川の氾濫を警戒して、各地で避難指示・勧告も出された。青森県では鯵ケ沢町米町の1世帯・1人に避難指示が出され、弘前市など約3200世帯・約9千人に避難準備情報を発令、避難所を開設した。

 建物被害も相次ぎ、宮城県の石巻地区広域行政事務組合消防本部によると、午後5時時点で22件の被害を確認。岩手県では9市町村で、住宅23棟でトタン屋根が剥がれ落ちるなどの被害が出た。

 東北各地の交通の便も乱れた。JR東日本仙台支社によると、台風接近のため在来線は始発から運休。午後1時から3時ごろにかけて運転を再開したが、在来線の運休本数は午後7時時点で445本に上った。東北・山形・秋田新幹線も上下線47本で運休、51本で遅れが発生し、約5万3千人に影響が出た。

 宮城県内では倒木で電線が切れるなど、午後6時までに延べ4146戸が停電した。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/131017/myg13101702120001-n1.htm


台風26号、県内で3人けが<新潟県>
交通終日乱れる

 台風26号は16日朝から昼前にかけて本県に最接近し、風速25メートル以上の暴風域を伴って通過した。佐渡市(弾崎)で最大瞬間風速28・2メートルを観測するなど各地で強い風が吹き、新潟市で3人が軽いけがをした。交通機関の乱れは午後も続き、学校休校などの影響が出た。

 新潟地方気象台によると、最大瞬間風速はほかに佐渡市(両津)26・5メートル、新潟市東区(松浜町)22・6メートル。

 16日の24時間降水量は、糸魚川市(平岩)で午後7時半までに188・5ミリ、湯沢町で同9時半すぎまでに148・0ミリ、新潟市西蒲区で同5時半すぎまでに71・5ミリでいずれも10月の観測史上最大を更新した。

 新潟市によると、同市中央区で80代男性が、西区では50代男性が風にあおられて転倒、西蒲区では60代男性がドアに指をはさまれていずれも軽傷を負った。

 JR東日本と西日本によると、上越新幹線20本に運休や遅れが出た。信越線などでも特急を含む169本に運休や遅れが出て、計約3万4700人に影響した。

 佐渡汽船によると、両津―新潟など各航路のカーフェリーやジェットフォイル全31便が欠航。新潟空港によると、同空港発着の国内線計23便が欠航した。

 県教育委員会などによると、新潟市や阿賀野市などの小中高と特別支援学校の14校が休校、38校が始業を遅らせ、5校が授業を早く切り上げた。

 東北電力新潟支店によると、上越市や新潟市西区の約350戸で一時停電した。
【社会】

2013/10/17 00:46
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20131017073144.html

北海道で停電2万戸超 JR35本運休 台風の影響
 北海道に接近した台風26号による倒木などの影響で、道内は17日午前9時現在、停電が延べ2万955戸に達した。北海道電力によると、同時点で南富良野町などで700世帯余りが停電している。JR北海道は、線路の盛り土の流出や停電などのため、札幌と網走を結ぶ特急オホーツクなど35本の運休を決めた。
http://www.asahi.com/national/update/1017/TKY201310170038.html

http://www.fdma.go.jp/bn/%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC%EF%BC%92%EF%BC%96%E5%8F%B7%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E7%8A%B6%E6%B3%81%E7%AD%89%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E7%AC%AC%EF%BC%96%E5%A0%B1%EF%BC%89.pdf

http://www.mod.go.jp/gsdf/news/dro/2013/20131016.html
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/datasheet/d-shelter/20131026taifu2634.pdf
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/datasheet/d-shelter/20131026taifu2638.pdf
http://www.fdma.go.jp/bn/%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC%EF%BC%92%EF%BC%96%E5%8F%B7%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E7%8A%B6%E6%B3%81%E7%AD%89%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E7%AC%AC%EF%BC%92%EF%BC%91%E5%A0%B1%EF%BC%89.pdf
http://www.fdma.go.jp/bn/%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC%EF%BC%92%EF%BC%96%E5%8F%B7%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E7%8A%B6%E6%B3%81%E7%AD%89%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E7%AC%AC%EF%BC%92%EF%BC%92%E5%A0%B1%EF%BC%89.pdf
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/10/23e.html
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/10/28a.html

災害ボランティア 活動本格化
10月28日 21時39分

伊豆大島では、台風の接近に伴って中断していた災害ボランティアの活動が本格化し、若者たちが住宅に流れ込んだ土砂をかき出す作業などを行っています。

今月16日の土砂災害のあと始まっていた災害ボランティアの活動は、台風27号の接近に伴って活動を中断していましたが、27日から、住宅に流れ込んだ土砂の撤去を中心に活動を再開しています。
28日は、島の外から参加した49人を含む84人が参加し、このうち元町地区の2階建ての住宅では、家の持ち主とともに、若者など7人が1階の床を剥がしてから、床下に流れ込んだ大量の土砂をかき出す作業を行っていました。
住宅の持ち主の小泉邦彦さん(70)は、「気持ちが沈んでいましたが、ボランティアの人が来てくれて元気をもらいました。力仕事も多く、家族だけではできないので、本当にありがたいです」と話していました。
また、ボランティアに参加した東京・立川市に住む50歳の男性は、「仕事を休んで参加しに来ました。少しでも役に立ちたいと思います」と話していました。
災害ボランティアセンターを運営する大島町の社会福祉協議会では、今後、被災者の要望も聞きながら、活動の内容を広げていくことにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131028/k10015622571000.html
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/datasheet/d-shelter/20131029taifu2642.pdf
http://www.mod.go.jp/gsdf/news/dro/2013/20131016.html

大島社協災害ボランティアセンターが公式ホームページを開設

レスキューナウニュース 10月29日(火)18時15分配信

大島社会福祉協議会災害ボランティアセンター(東京都大島町)は、10月21日の開設以来、問い合わせの多かった質問等を整理して掲載する公式ホームページを28日に公開した。

ボランティアや協力を希望する人に事前にホームページを確認してもらうため「被災された人」「現地でボランティアをしたい人」「物資支援を考えている人」「寄付をしたいと考えている人」に分けて情報を整理している。

パソコンのほか、タブレットやスマートフォンでも閲覧できる。

同センターによると「今回のホームページを通じてボランティアの活動資金の寄付をお願いしたい。お知らせやタイムリーな募集情報などは、引き続きFacebookページを通じて伝えていく」とのこと。

◆大島社会福祉協議会災害ボランティアセンター公式ホームページ
http://oshima.vc/

レスキューナウ

最終更新:10月29日(火)18時15分

レスキューナウニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000004-rescuenow-soci
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/datasheet/d-shelter/20131030taifu2643.pdf

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まみですσ(o・ω・o)初めまして!風狂屋さんのブログ大好きです゚.+:。(・ω・)b゚.+:。グッ今日はついに見てるだけじゃ足らずコメントしちゃいましたヽ(*´∀`)ノ実は最近、風狂屋さん自身にも興味がるんですけども…゚.+:。(*´v`*)゚.+:。ポッ♪もしよかったら、お友達になってほしいですσ(o・ω・o)メールもらえたら嬉しいな(〃´∀`)それじゃ待ってますです(*^-^)
chuchun@docomo.ne.jp
2013/11/04 12:33
ん?自分、既婚者だけどお友達だけでいいのかな?
風狂屋
2013/11/05 08:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風26号27号被害 私的まとめ情報 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる