風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 公共事業の季節です

<<   作成日時 : 2013/08/01 13:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

警報・注意報「レベル」に統一へ 災害危険度を5段階で
朝日新聞デジタル 8月1日(木)9時49分配信

 【赤井陽介】気象庁は、警報や注意報、警戒情報など、災害ごとに混在していた防災気象情報の表現を「レベル1〜5」に統一することを決めた。豪雨や土砂災害など、大きな被害が出るたびに新たな警告を設けた結果、呼び名や危険度が複雑になったためだ。3年後の運用開始を目指す。

 新たな防災気象情報では、「災害発生の可能性」がある場合を最低のレベル1とし、「重大な災害が起き、さらに拡大する」場合を最高のレベル5と設定。レベル分けのための指標は今後、検討する。

 運用開始を3年後としたのは、情報を受け取る市町村や放送局に大幅なシステム改修が必要になるためだ。また、多くの人が注意報・警報に慣れ親しんでいることから、当初は両方の表現を併用しながら、徐々に「レベル3の大雨」といった表現に変える方針だ。

朝日新聞社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000020-asahi-soci

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公共事業の季節です 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる