風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北の火山、5〜15センチ沈降

<<   作成日時 : 2013/07/06 03:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東北の火山、5〜15センチ沈降 震災地殻変動で
京都新聞 7月1日(月)9時39分配信

 東日本大震災を引き起こした巨大地震による地殻変動で、蔵王山(山形・宮城県)など複数の東北地方の火山が部分的に5〜15センチ沈み込んだことが、京都大防災研究所地震予知研究センターの高田陽一郎助教と福島洋助教の研究で分かった。地下のマグマや周辺の岩石が地震後に引っ張られて平たく変形し、地表が沈降したらしい。英科学誌ネイチャージオサイエンスで1日発表する。
 日本の観測衛星「だいち」のレーダーで観測した詳細な地形データを解析した。蔵王山や秋田駒ケ岳、栗駒山、吾妻山、那須岳の5火山で、それぞれ南北方向に20〜30キロの範囲で最大5〜15センチの沈み込みを確認した。
 衛星利用測位システム(GPS)のデータには、地震発生直後の沈み込みもあった。
 沈み込みは、噴火後にできる火山中央部のくぼみ(カルデラ)や地下水が高温の場所の範囲とほぼ一致。地下5キロより浅い地殻にマグマだまりや数百度の高温の岩石が存在し、地震後に東北地方がある陸側プレートが東西方向に引っ張られたことで、軟らかい高温の岩石が横方向に広がり、上下方向には縮まって、地表を沈降させたらしい。
 高田助教は「噴火や群発地震を起こさなくても火山が巨大地震の影響を受けたことが分かった。火山活動への影響は分からないが、火山の地下構造が分かることで、今後の観測や活動予測に役立つ」という。

最終更新:7月1日(月)11時39分

京都新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130701-00000000-kyt-l26

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北の火山、5〜15センチ沈降 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる