風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 日韓通貨スワップ停止と中韓通貨スワップが事実上の中止

<<   作成日時 : 2013/07/06 02:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中韓スワップが事実上の中止へ、金利暴騰で誰も利用できず

韓中通貨スワップ資金(3600億元・約64兆円)を活用した貿易決済制度が有名無実化している。
国内ウォンの融資金利が相対的に低くなったが、最近、中国の短期金利の指標である
上海銀行間貸出金利(SHIBOR・時報)が急騰し、金利の条件が著しく悪化したためである。

○5つの銀行の実績皆無

25日、金融業界によると、7つの都市銀行(国民・新韓・ウリィ・つ・企業・外国為替・農協)の通貨スワップ資金外貨貸し出し残額(20日基準)は700万元(約13億ウォン)に過ぎなかった。
韓国銀行が昨年12月に "韓中通貨スワップ資金取引決済支援制度"を導入してから6ヶ月が過ぎたが、取扱実績は期待に及ばないこと。
この制度は、中国人民銀行が通貨スワップに預けた人民元の国内輸入業者が貿易決済資金に使えるようにしたことが重要である。
対中国の貿易をする企業に安定的に人民元を提供することにより、為替リスクと取引コストを削減することができるものと期待を集めた。
韓中通貨スワップの常設化の基盤を用意したという点でも注目された。

しかし、銀行や企業の反応は冷ややかだ。 韓銀が数値公開に消極的で、記者が7対都市銀行を調査した結果、ウリィ銀行から700万元程度の融資が出ただけで、残りの6つの銀行は、残高が皆無だった。
これまでの融資をして返済されたものまで含めた完全な外貨融資取扱高も7800万元(約147億ウォン)に過ぎなかった。
外国為替とウリィ銀行が実績があるだけで、残りの国民、新韓一つの企業、農協などは開始すらしていなかった。

○中国の金利まで急騰
最近では、時報のレートまで急騰し、銀行や企業の考慮からさらに遠ざかった。
3ヶ月時報金利は昨年末の年3.90%から6月初め3.80%台を維持している最後の7日以降急騰した。
韓銀関係者は "中国の金融当局が積極的にシステムを構築しなければならない事案であり、年内に可能かどうかは不確実である"と述べた。

韓国NAVERニュース ソース(韓国語) 2013/7/4
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=015&aid=0002902470

なお、7月3日に日韓通貨スワップは停止した。

滅ぶだろこのままだと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日韓通貨スワップ停止と中韓通貨スワップが事実上の中止 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる