風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 町会自治会のお仕事 12

<<   作成日時 : 2013/06/22 05:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★爺婆は5〜6回死んだ方がいい
自分はかなり短気で瞬間湯沸し器だ。
前期役員全員一致でプロジェクター購入は決定している。
今期役員に賛否は聞いていない、ただ認証しろ、と伝えているだけだ。
賛否が問えると言うなら議決が不問にされ役員なり常任なりが
個別意見で勝手に行動して構わないという事になる。

今期H常任は電気屋である事を言い訳に
自分の個人的所有プロジェクターメンテナンス代金を請求するうえ
TVがスカイツリーに移行した問題を有料にすり替えて商売をしている。
しかも技術に詳しく無い自分以外の全役員と会長を騙して
自治会公認にしてしまった。

人災である。

J−COMとの打ち合わせ 
J−COM担当 エノモト

・住民に技術的内容が伝わっていない
 (アンテナ線が縦4階分つながっている)
・住民に技術的はなしが拒絶される
・動物が多くて拒否理由になっている
・自前でアンテナを立てている人が関係無いと拒否されたらどうするのか
・無料が伝わっていない  ケーブルの交換は
→渡り線の交換はやらないでもTVの画像チェックまで無料でやる
・映像確認して写らなかったらどうする?
→有料会員以外電気屋になんとかしてもらいなさい、今回は壁端子交換のみの無料作業、委託を受けてる業者だけど強制ではないから好き勝手に

拒否して良い
・説明に来る技術者や営業が困るのでは?
→その技術者や営業の説明能力の責任
・工期遅れますよね?
→構わない、工期遅れで損失が多くなっても自分のせいではない

・Hさんと有料無料がかち合うがいいのか?
→現場の技術者の調整しだい
・結局(Hさんへ)有料じゃないか、J-COMの印象が悪くなってる
→住宅はそこだけ受けてるわけじゃないから営業成績が落ちても構わない、それは担当営業の業績責任

・セールスがどこまでか不明
→工事は受けてセールス説明のみ拒否も可能、その場の契約はしない
・地デジの場合はいつまで許容するのか 
→地デジとBSは無料、今後も有料にする気はない

・有料J-COMサービスを受けてる人が縦のアンテナラインで拒否した住民が原因でサービスに影響が出たらどうするのか?
→住民同士で損害弁償を話し合いなさい、強制で修理に向かうことは無い、会員がその住人と交渉しなさい
・印象悪いですね、潰れた桜ケーブルみたいになっても知りませんよ
→自分の成績とJCOMの営業収支は無関係

激しく人災である。
馬鹿は2〜3回死んでこい、爺婆は5〜6回死んでこい。
(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

「外国人居住者とのコミュニケーション」(6月の議案のひとつ)
原案を練って素案を一部常任の玄関ポストに突っ込んできた。
ハッキリ言って問題はある認識があってもやる気がないのが今までの役員たちだ。
http://translate.google.co.jp/#ja/
を使うつもりだ。約70言語が簡易翻訳出来る。
一部は音声出力も出来る、モバイル版もあってスマホにも突っ込める。
「言語翻訳はコンピュータを使って翻訳します。
★階★号室 ★までご用命ください。
★号棟自治会役員です。
英語は少し出来ます。
必要な言語は後ほどコンピュータにインストールします。
コンピュータは約60の言語が使えます。
全部インストールするとコンピュータが壊れますので必要な言語のみ使います。
日本人ですので日本の言葉が標準です。
コンピュータによる文字入力と音声スピーカーのやり取りが出来ます。
宗教の勧誘は行いません。
自治会会員は無料です。
実費は自治会が負担します。」
の★を適切な物に入れ替えて英訳すると幸せになれるかもしれない。
(英文の訳の問題があるので追加変更は慎重に)

画像


Win7のオープンオフィスでは一部表示が出来なかった。
文字フォントが入っていないと印刷も出来ない。バグも絡んでいるようだ。
ペイントで切り貼りする。
Win7エンタープライズは約60言語の追加が出来るが全部入れようとするとOSが壊れる。

バカには刺激的過ぎるだろうか。
防災上は外国人にも配慮は必要。

というかもし津波が来て建物に周辺の人が緊急避難したらこの役員たちは人々を叩き落とすつもりなのだろうか。
この爺婆は自分の寿命が長くない事と役員の仕事をしない事を絡めている。
生暖かい目で見てやろう。(・∀・)ニヤニヤ

(グーグルIMEに替えて文字変換効率が上がった。)

さて、冷静になって1年の活動で約40年立ち消えになっていた「防災」が
はっきりと自治会規約に盛り込まれた事と間借りの様な状態ではあるが部に防災も入った。
これは自分自身としてよくやったと思う。
確かに3.11で関東が大きく被災する次の災害はあと4〜5年ぐらいしか余裕が無いかもしれない。
十分に焦る気持ちはあるが(落ち着かなく、悲しんだり怒ったりするが)
相手は脳硬直している老人が多いのだから冷静かつ沈着に粛々と進めていくしかない。
彼らは「その時が来たらどうせ死ぬよ、どのみち寿命もそれほど無い」これはすぐ出る。
しかし、我々のような中年世代や団地の子供すら巻き添えに死んでくれ、という乱暴な老害である。
老害は自己意思の無い人災である。

いずれ近いうちに区の災害対策課の方と相談しようと思う。
中央防災会議では地震の発生確率%表示をやめて
「非常に切迫している」に変更されている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
町会自治会のお仕事 12 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる