風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS <中国>日本と米国に宣戦布告

<<   作成日時 : 2013/05/08 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

尖閣諸島は中国領、「沖縄の帰属」も再協議するべきだ―中国報道

XINHUA.JP 5月8日(水)21時33分配信
尖閣諸島は中国領、「沖縄の帰属」も再協議するべきだ―中国報道

中国共産党機関紙・人民日報は8日、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)」問題に関する解説記事を掲載し、「規定によれば、釣魚島は中国領であるばかりでなく、琉球(沖縄)の帰属も再協議しなければならないはずだ」と論じた。

記事は、「日本が釣魚島を不正な手段で手に入れ占領したのは、決して平和的な手段ではない。近代植民侵略の産物だ」と指摘。1895年に下関条約を締結した際、当時の清政府に力がなかったため、台湾とその付属諸島(釣魚島を含む)、澎湖諸島、琉球(沖縄)を日本に奪い取られた、としている。

だが、記事によると、1941年に当時の中国政府が日本に宣戦布告をし、下関条約は破棄された。その後のカイロ宣言、ポツダム宣言で、台湾とその付属諸島(釣魚島を含む)、澎湖諸島を中国に返還し、歴史上、未解決のままの琉球(沖縄)問題も「再度協議する時期が来た」との決定がなされ、日本の天皇もこれを受け入れたはずである。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

最終更新:5月8日(水)21時33分

XINHUA.JP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00000033-xinhua-cn

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<中国>日本と米国に宣戦布告 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる