風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 規制委が服用判断=ヨウ素剤配布改定案

<<   作成日時 : 2013/04/10 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

規制委が服用判断=ヨウ素剤配布で詳細規定―原発防災指針の改定案

時事通信 4月10日(水)11時36分配信

 原発事故の際の住民避難などの在り方を定める原子力災害対策指針(防災指針)のうち、事故初期に放射性ヨウ素による被ばくを防ぐ「安定ヨウ素剤」の取り扱いなどについて改定案が固まり、10日の原子力規制委員会で了承された。服用判断は規制委が行い、国の原子力災害対策本部や地方自治体を通じて指示。原発の半径5キロ圏内では、自治体が医師による説明や副作用の調査を行った上で、住民に事前配布するとした。
 また、緊急時の放射線測定(モニタリング)体制も規定。国が原発のある地域に拠点となる緊急時モニタリングセンターを事前に整備することなどを定めた。
 規制委は改定案について10日から約1カ月間、一般から意見を募集する。必要に応じて内容に反映させ、5月中に正式決定する。
 改定案は、事故時のヨウ素剤服用は規制委が判断すると明記。原発5キロ圏内では、すぐに避難が必要な緊急事態と規制委が判断した時点で、国や地方自治体が住民に指示し、事前配布してあるヨウ素剤を服用させる。自治体がヨウ素剤を備蓄する5キロ圏外でも事故の状況や放射線量に応じ、規制委が服用を指示するとした。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000043-jij-soci

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
規制委が服用判断=ヨウ素剤配布改定案 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる