風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本韓国米国が北ミサイルの発射準備完了について明言 厳戒態勢

<<   作成日時 : 2013/04/10 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北朝鮮 ミサイル同時発射の動き=韓国政府筋 聯合ニュース 4月10日(水)9時24分配信

 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」と短距離ミサイル「スカッド」、中距離ミサイル「ノドン」を同時に発射する可能性が指摘されている中、韓国当局が具体的な動きを確認したもようだ。
 韓国政府筋は10日、「(朝鮮半島東部の)江原道・元山付近のムスダンだけでなく、(北東部の)咸鏡南道一帯で、これまで見られなかったミサイル発射台付き車両(TEL)4〜5台が新たに識別された」と明らかにした。これらTELは射程300〜500キロのスカッド、1300〜1500キロのノドンを発射する装備と分析されたという。
 その上で、「北朝鮮がムスダンとスカッド、ノドンミサイルを同時に発射するという兆候がはっきりとしてきた」と話した。
 韓国軍は北朝鮮が10日早朝に燃料を注入し発射する可能性があると判断し、夜間監視・追跡システムを稼動した。ある関係者は「今日発射しなければ、さらに数日見守る必要がありそうだ。ケリー米国務長官が来韓する12日に挑発する可能性もある」との見方を示した。
 日本の朝日新聞もこの日、北朝鮮がムスダン2基を待機させているほか、数日前から咸鏡北道に別のミサイル部隊を配置したことが確認されたと報じた。
 北朝鮮は2006年7月5日に長距離弾道ミサイル「テポドン2号」1発とスカッド4発、ノドン2発を、2009年7月4日にはスカッド5発とノドン2発を発射している。
 また、米CNNテレビは政府当局者の話として、北朝鮮が東部沿岸から約10マイル(16キロ)離れた場所にミサイルを配備しており、液体燃料の注入を終えて発射準備を整えたとみられると伝えた。
 米太平洋軍のロックリア司令官は9日(現地時間)、米上院軍事委員会の公聴会に出席し、「広く報じられている通り、ムスダンが東部沿岸に移動した」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000000-yonh-kr

日本はミサイル射程圏内=北朝鮮 時事通信 4月10日(水)10時53分配信
 【ソウル時事】朝鮮通信によると、北朝鮮の労働新聞は10日、「日本は戦争の準備をしている」と非難した上で、日本は中距離ミサイルの射程圏内にあると威嚇した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000035-jij-kr

<北朝鮮ミサイル>米太平洋司令官、同盟国標的の場合は撃墜 毎日新聞 4月10日(水)10時54分配信
 【ワシントン西田進一郎】米太平洋軍のロックリア司令官は9日、上院軍事委員会の公聴会で証言し、朝鮮半島情勢について朝鮮戦争の休戦(1953年7月)以来、最も緊迫した状況であるとの認識を示した。そのうえで、北朝鮮が発射をちらつかせる中距離弾道ミサイルの迎撃について「我々(米軍)には信頼できる能力がある」と述べ、米国や日本、韓国など同盟国が標的の場合は撃墜する方針を明らかにした。

 また、北朝鮮が日本海側に移動したミサイルは中距離弾道ミサイル「ムスダン」との見方を示した。米高官による移動確認は初めて。ハワイや米国本土には届かないが、グアムは射程圏に入ることも明らかにした。

 司令官は、議員から「北朝鮮と韓国、米国の間の緊張が、朝鮮戦争の休戦以来今より高かったことはないのではないか」と聞かれ、「同意する。私の記憶でも、今より高い時を知らない」と語った。

 そのうえで、ミサイル発射の場合に迎撃を勧告するかについて、「米国の本土を守るためならもちろん、同盟国を守るためにも同様に勧告する」と述べた。ただ、「どこを狙っているのかにかかわらず迎撃を勧告するのか」との質問には「勧告しない」と否定し、米国や同盟国が標的でない場合は迎撃しない考えを示した。ミサイルの到達予測地点については「どこが発射地点でもかなり迅速に把握できる」とした。

 一方、北朝鮮に強い影響力を持つとされる中国については、「(北朝鮮に自制を促すうえで)より多くのことができる」とさらなる努力を求める考えを示した。「中国を敵と考えるか、味方と考えるか」との質問には「どちらでもない」と答えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000016-mai-int

<国連総長>朝鮮半島「制御不能な状況」の恐れ 毎日新聞 4月10日(水)10時58分配信
 【ローマ福島良典】国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は9日、北朝鮮の挑発的言動で緊張が高まる朝鮮半島情勢について「制御不能な状況」になる恐れがあると警告した。ローマで記者団に語った。

 北朝鮮が近く中距離弾道ミサイルを発射するとの観測が強まる中、潘事務総長は「現在の緊張の度合いは極めて危険だ」との認識を示し、「計算間違いや誤判断による小さな事件から制御不能な状況が引き起こされかねない」と述べた。

 その上で、北朝鮮に「挑発的な発言」を控えるよう呼びかけ、韓国との共同事業である開城(ケソン)工業団地について「純粋に経済的な事業であり、政治の影響を受けるべきではない」と指摘。労働者を撤収した北朝鮮に対して操業を再開するよう促した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000017-mai-int


<北朝鮮ミサイル>政府、厳戒態勢に 「生命と安全守る」
毎日新聞 4月10日(水)11時7分配信

 政府は10日午前、北朝鮮によるミサイル発射に備え、自衛隊と関係省庁による厳戒態勢に入った。北朝鮮は国内の外国大使館に「10日以降の安全は保証できない」と通告しており、国際社会では近く何らかの挑発行為が行われるとの観測が強まっている。ミサイルが日本領域に着弾する可能性がある場合は、日本海に展開したイージス艦が海上配備型迎撃ミサイル「SM3」を発射し、大気圏外で迎撃する方針だ。

 安倍晋三首相は同日朝、首相官邸で記者団に「国民の生命と安全を守るために万全を尽くしている。そのように小野寺(五典)防衛相に指示している」と述べた。

 小野寺氏は同日午前7時半ごろ防衛省に登庁し、「昨夜からさまざまな情報収集を行い、万が一の場合の準備はしている。引き続き緊張感を持って態勢を継続していく」と記者団に強調。その後、自衛隊や同省幹部を集め、ミサイル防衛(MD)の態勢などを確認した。

 北朝鮮は、金正恩第1書記の就任1年(11日)や国防第1委員長就任1年(13日)を前に挑発的な言動を繰り返しており、韓国政府は「10日前後に北朝鮮がミサイルを発射する可能性がある」との見解を示していた。北朝鮮は新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程2500〜4000キロ)のほか、中距離ミサイル「ノドン」(同1300キロ)など複数のミサイルを発射する可能性がある。

 ただ、北朝鮮は発射の時期や方角を予告していないため、日本政府は情報収集に全力を挙げている。首相周辺は「危機感は高まっている。首相官邸の速報体制の手順も確認した」と語った。

 ミサイルが発射された場合、政府は人工衛星を使った全国瞬時警報システム(Jアラート)や緊急情報ネットワーク(エムネット)を通じて地方自治体などに情報提供し、混乱回避に努める。総務省消防庁は10日午前、各都道府県知事に対し、Jアラートやエムネットによる住民への情報伝達体制を確認するよう文書で要請した。

 また、ミサイルや部品が日本領域に落下すると判断すれば、まずSM3で迎撃し、撃ち漏らした場合には東京・市ケ谷の防衛省敷地内などに設置した地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を撃つ二段構えの態勢を取っている。【青木純】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000018-mai-pol

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本韓国米国が北ミサイルの発射準備完了について明言 厳戒態勢 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる