風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮、弾道ミサイル複数発射の兆候 太平洋側

<<   作成日時 : 2013/04/10 04:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北朝鮮、弾道ミサイル複数発射の兆候 太平洋側に
朝日新聞デジタル 4月10日(水)3時5分配信

 【機動特派員・牧野愛博】北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程3千キロ以上)のほかにも、複数の弾道ミサイルを10日にも日本海側から太平洋に向けて撃つ兆候があることがわかった。日米韓の政府関係者が明らかにした。

 北朝鮮は東部の江原道(カンウォンド)に移動発射台に載せたムスダン2基を待機させているほか、数日前から東北部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)に別のミサイル部隊を展開。情報衛星の写真などから、10日にも弾道ミサイルの発射が可能な状態であることが確認された。

 ミサイル部隊の規模から、短距離ミサイルの「スカッド」(射程300〜500キロ)か、中距離ミサイルの「ノドン」(同1300キロ)を発射する可能性がある。北朝鮮はすでに、スカッドを約600基、ノドンを約200基、それぞれ実戦配備している。

朝日新聞社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000001-asahi-int


北ミサイル、発射準備終了か…警戒強める日米韓
読売新聞 4月9日(火)22時9分配信

 【ソウル=門間順平】北朝鮮が東部・元山(ウォンサン)付近に移動した「ムスダン」(推定射程2500〜4000キロ・メートル)とみられる中距離弾道ミサイルについて、韓国の聯合ニュースは9日、ミサイルが発射準備を終えた状態にあると報じた。

 複数の韓国政府消息筋の話として伝えた。日米韓3か国政府は10日にも発射される可能性があるとみて、複数のミサイルが同時発射されることも念頭に、警戒を強めている。

 ムスダンは発射台付き車両からの発射が可能なため、偵察衛星による事前の発射兆候の把握が困難。西太平洋地域の米軍拠点グアムを射程に収めるとされるが、過去に発射されたことはない。今回、発射に成功して性能が確認されれば、日米韓にとって新たな脅威となる可能性がある。

最終更新:4月9日(火)22時9分

読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130409-00001296-yom-int


北朝鮮ミサイル「発射準備完了」10日にも発射へ 在韓外国人に退避勧告
産経新聞 4月10日(水)2時6分配信

 【ソウル=加藤達也】北朝鮮が日本海側に移した中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程2500〜4千キロ)について韓国政府筋は9日、「発射準備を完了し、技術的にみて10日にも発射する」と明らかにした。聯合ニュースなどが伝えた。日本政府筋は「10日朝に発射する可能性はある」との見方を示した。北朝鮮は9日、戦争の可能性を示唆し、韓国滞在の全ての外国人に退避を勧告。また、韓国と共同運営する開城工業団地に全従業員を出勤させず、同団地の操業は事実上停止した。

 聯合ニュースなどによると、韓国軍は、北朝鮮がムスダンのほか、短距離弾道ミサイル「スカッド」(射程300〜500キロ)や中距離弾道ミサイル「ノドン」(同約1300キロ)も同時に発射する可能性があるとみて警戒を強めている。

 国防省報道官も9日、ムスダンの発射を10日にも強行する可能性が高いとの見方をあらためて示す一方、「北朝鮮がどうするかで日付が変わり得る」とし米韓で監視を続けていることを強調した。

 韓国紙、朝鮮日報は9日付で、北朝鮮の日本海側で交信が急増しており、間もなく発射する可能性があるとの政府の見方を伝えた。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮のアジア太平洋平和委員会の報道官は同日の談話で「米国などの挑発で情勢は核戦争前夜に突き進んでいる」とし韓国の外国機関、企業、観光客に退避準備を進めるよう勧告した。
最終更新:4月10日(水)2時6分

産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000506-san-kr


北朝鮮ミサイル、きょう発射の可能性=朝鮮半島情勢、一層緊迫化
時事通信 4月10日(水)5時25分配信

 【ソウル時事】北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」を発射する可能性が高いとみられている10日を迎え、日米韓などは情報力を総動員して最大限の監視態勢を敷いている。北朝鮮は、平壌の外交団に退避を勧告し、開城工業団地の事業を中断するなど危機をあおる措置を相次いで繰り出してきており、朝鮮半島情勢は一層緊迫度を増している。
 これに関連し、10日付の韓国紙・東亜日報は、最近、中距離ミサイル「ノドン」、短距離ミサイル「スカッド」と推定される物体が搭載された移動式発射車両も、日本海側の元山で3、4台捕捉されたと伝えた。同紙などは、同時多発、あるいは数日間連続で発射する可能性を指摘している。
 「ムスダン」は先週、日本海側に移動。韓国政府は、発射準備が完了した状態と判断し、非常態勢で警戒・監視に当たっている。北朝鮮が平壌の外交団に「10日以降の安全は保証できない」と通告したことなどから、「10日発射の可能性が高い」(国防省報道官)とみている。聯合ニュースによると、米韓連合軍司令部は監視態勢を1段階引き上げた。 

最終更新:4月10日(水)7時48分
時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000011-jij-kr

北朝鮮、きょうにもミサイル発射に踏み切る可能性<動画ニュース>

TBS系(JNN) 4月10日(水)7時2分配信
 北朝鮮は9日、韓国にいる観光客を含む外国人に避難を勧告する談話を発表しました。韓国国防省は、北朝鮮がきょう、ミサイル発射に踏み切る可能性が高いと見ています。

 韓国にいる外国人に避難を呼びかける談話を発表したのは、北朝鮮の対韓国工作機関「統一戦線部」の傘下にある団体で、「戦争が起きた場合に備えるため」としています。韓国社会への揺さぶりを狙った心理戦の一環と見られます。

 この談話を受け、在韓国日本大使館は「いかなる渡航情報も出していない」とホームページ上で表明しました。渡航情報とは、渡航・滞在にあたって特に注意が必要な場合に出されるものですが、日本大使館では「引き続き情勢を注視しつつ、今後とも必要に応じ、新たな状況について知らせる」としています。

 韓国の国防省は、北朝鮮のミサイル発射は「きょうの可能性が高い」という見方を明らかにしています。韓国政府当局者は、北朝鮮が射程最大4000キロの新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」に加え、射程1200キロ程度のノドンなど、複数のミサイルを同時に撃つ可能性もあると見ています。(10日00:04)

最終更新:4月10日(水)7時2分
TBS News i
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130410-00000015-jnn-int

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮、弾道ミサイル複数発射の兆候 太平洋側 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる