風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京地震情報 液状化など

<<   作成日時 : 2013/03/28 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<都内液状化>予測22%に 26年ぶりに全面見直し

毎日新聞 3月27日(水)20時37分配信
 東京都は震度6弱の巨大地震が起きた際の都内の液状化予測図を26年ぶりに全面的に見直し、27日に公表した。東日本大震災を受けて精度を高めた結果、山間部を除く都全域のうち液状化の危険がある地域は87年に作成した予測図の19.7%から22.3%(約269平方キロ)に広がった。都は「液状化で死者が出ることはまれだが、ライフラインは被害を受けやすい」として対策の参考にするよう呼びかけている。

【写真で見る被害】東日本大震災時にも関東各地で液状化被害が起きていた

 予測図は都全域が関東大震災と同規模の揺れに襲われたと想定し、約2万本のボーリングによる地質調査▽地下水位データ▽埋め立て地、干拓地などの地形分類▽過去の被害−−などから液状化の危険度を3段階で判定。最も危険度が高い「液状化の可能性が高い」とされた地域は23区東部や大田区など14区(未編入の埋め立て地も含む)の約68平方キロに及んだ。

 予測図は都土木技術支援・人材育成センターのホームページ
(http:/doboku.metro.tokyo.jp/start/03-jyouhou/ekijyouka/
http://doboku.metro.tokyo.jp/start/03−jyouhou/ekijyouka/)
に掲載され、住所による検索もできる。【佐々木洋】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130327-00000106-mai-soci

http://to-ekijoukayosoku.jp/start/03-jyouhou/ekijyouka/lhmap1.aspx
http://to-ekijoukayosoku.jp/start/03-jyouhou/ekijyouka/lhmap2.aspx
画像


断層…実は人工物 立川断層帯調査で誤認 東大など

朝日新聞デジタル 3月28日(木)9時53分配信
 震度7の首都圏直下型地震を引き起こすおそれがあるとして、文部科学省の研究プロジェクトとして進められている立川断層帯の調査について、東京大などの調査チームは28日、地層に残っていた工事跡とみられる人工物を断層の痕跡と誤認したと発表した。

 立川断層帯は東京都から埼玉県にかけての長さ33キロの断層帯。マグニチュード7・4程度の地震を起こし、都の試算では最悪2582人の死者、8万5千棟以上の建物に被害が出ると予測。東大などが3年間かけて調査している。

 調査は東京都武蔵村山市の工場跡地に長さ約250メートル、幅約30メートル、深さ10メートルの巨大な穴(トレンチ)を掘ってなされ、一般に公開された。調査チームは、断層が作った崖の直下に粘土の塊が縦に並び「断層がずれた痕跡」と判断。痕跡が想定と異なっており、地震の揺れの予測に影響する可能性があると説明していた。

朝日新聞社
最終更新:3月28日(木)12時59分
朝日新聞デジタル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000011-asahi-sci

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京地震情報 液状化など 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる