風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 離島奪回共同演習

<<   作成日時 : 2012/09/23 03:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

陸自と米海兵隊、グアム島で共同上陸訓練

日本テレビ系(NNN) 9月22日(土)18時56分配信
 陸上自衛隊とアメリカ海兵隊が現地時間22日、アメリカ・グアム島で共同訓練を行った。

 訓練は、敵が占拠した島を奪還することを想定し、ゴムボートで上陸した偵察部隊が後から来る本隊の上陸を支援するというもので、日米で計50人以上が参加した。

 実際の島を使って日米で上陸訓練をするのは初めてで、翌日以降も行われる予定。

最終更新:9月22日(土)18時56分
日テレNEWS24
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20120922-00000032-nnn-pol

日米で「離島奪還」訓練“尖閣”念頭で中国刺激?

テレビ朝日系(ANN) 9月22日(土)19時44分配信
 陸上自衛隊とアメリカ軍の海兵隊がグアムで合同訓練を行いました。離島の奪還を目的にしたもので、尖閣問題で対立する中国をけん制する狙いもあるとみられます。

※テレ朝コンプリート/データ放送でご覧の方へ
このニュースの動画は、PCサイトなどの「ANNニュース」でご覧になれます。

最終更新:9月22日(土)23時4分
テレ朝 news
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20120922-00000026-ann-pol

日米「離島防衛」想定した初の共同訓練

TBS系(JNN) 9月22日(土)18時16分配信
 野田政権が尖閣諸島を含む南西諸島の防衛強化を打ち出している中、陸上自衛隊はアメリカの海兵隊と初めてとなる「離島防衛」を想定した共同訓練を行いました。

 グアム西部の軍港で22日、陸上自衛隊の九州・沖縄に展開する西部方面隊のおよそ30人と、沖縄に駐留する第31海兵隊およそ30人が上陸訓練を行いました。

 沖縄に展開する海兵隊と実際の島を舞台に上陸作戦の訓練を共同で行うのは初めてです。訓練について陸上自衛隊では「特定の国は想定していない」としていますが、政府が「南西諸島防衛の強化」をうたう中で想定されるのは、尖閣諸島や竹島などの離島の防衛です。

 「動的防衛力ということで、島しょ防衛をうたっているので、それに資するための能力を向上させる必要がある」(陸幕教育演習班・井藤庸平3等陸佐)

 「(合同訓練は)日米の関係を深化させる。我々も日本の自衛隊ともっと訓練していかなければならないし、日本の自衛隊も我々と合同訓練すべきだと思います」(アメリカ海兵隊 トビン・ウォーカー大尉)

 また、アメリカの強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」も報道陣に公開されました。新型輸送機オスプレイの配備も可能なこの強襲揚陸艦に、今回、陸上自衛隊の指揮官が乗り込み共同訓練の指揮をとりました。専守防衛の枠の中でぎりぎりと言える「水陸両用作戦」能力が強化されていくことになります。

 今後、尖閣諸島を含む離島防衛のあり方も含め議論を呼びそうです。(22日17:33)

最終更新:9月22日(土)23時32分
TBS News i
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120922-00000030-jnn-pol

議論を呼びかけるのは侵略側だな。日本側は最初から防衛しかしていない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
離島奪回共同演習 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる