風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 空手パンチの決め手は「腕力」ではなく「脳力」

<<   作成日時 : 2012/08/18 10:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

空手パンチの決め手は「腕力」ではなく「脳力」、英研究

AFP=時事 8月17日(金)19時24分配信
空手パンチの決め手は「腕力」ではなく「脳力」、英研究
拡大写真
パレスチナ自治区ガザ地区ラファのワリド空手学校で学ぶ子どもたち(2009年7月9日撮影)。

【AFP=時事】空手名人が素手で瓦を割れるのは腕力があるからではなく、実は「脳の力」が決め手だとする研究結果を英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の研究チームが英医学誌「Cerebral Cortex(大脳皮質)」最新号に発表した。

 同大医学部のチームが、黒帯の空手家12人と新人12人の2つのグループの「突き」を比較したところ、黒帯取得者には肩と腕の動きでピーク速度を調整する能力があることが分かり、高加速でより強い衝撃力を生み出していることを突き止めた。

 次に、2つのグループの脳スキャン検査を実施。パンチ力の強い黒帯グループの空手家の脳では、脳内の情報処理領域間の信号を伝達する白質の構造に変化があることが分かった。この変化は空手の経験年数が長いほど多かった。

 研究を行った同大のエド・ロバーツ(Ed Roberts)氏は「空手の有段者は、パンチの動作を調整しながら何度も繰り返すことができる。こうしたレベルのパンチは、新人では生み出せない。この能力は小脳(運動制御をつかさどる部位)の神経回路の微調整に関連すると考えられる」と述べた。空手の技を習得していく過程で、脳の活動パターンが適応し技も向上していくとみられる。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:8月17日(金)19時24分

AFP=時事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120817-00000028-jij_afp-int

外国で空手の「脳力」が検証されるとは思わなかった。
もっともこの運動制御脳は持論だったのでソースとして載せたい。
ただこの記事では試割でテストしているのだが、
組手で検証すると運動制御がもっと詳しくわかると思う。

これで練習すれば脳が活性化して勉学の伸びも良くなる理由の一つだと思う。
脳まで筋肉では武道・武術も習得しにくいのは言うまでもない。

攻殻機動隊では脳核で義体を操る設定だが
ボディーがよく出来ていても脳が出来ていないと格闘も上手くいかないと思う。
つまりマトリックスのようにデータ読み込みだけで習得とはいかない。

逆にこの記事ソースは「お手軽では無理」を意味している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空手パンチの決め手は「腕力」ではなく「脳力」 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる