風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島第1原発4号機 てん末まとめ

<<   作成日時 : 2012/07/02 06:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福島第1原発4号機 てん末まとめ

東京電力福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置が停止した問題で、
東電は30日、予備として設置されている別系統の冷却装置も起動できない状況に
あると発表した。プールの温度は急上昇していない。東電は原因を調べている。

 冷却装置は同日午前6時25分ごろ、システムの異常を知らせる警報が鳴って自動
停止した。本来なら予備の装置を使って冷却を再開させるが、何らかの原因で起動できなかった。

 30日午後4時現在のプールの温度は35・8度で、1時間当たり約0・26度上昇している。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012063001000741.html

東電は1日から復旧作業を行う。
 東電が現場を調べたところ、主電源と冷却装置をつなぎ、非常時に電力を供給する
無停電電源装置(UPS)が故障したとみられる。
 冷却装置は貯蔵されている燃料を冷やすためプールの水を引き出して、冷却し再び
プールに戻す仕組み。2系統あり、予備系統の装置を起動させて冷却を再開させようと
したが、2系統とも同じUPSを使用していたため再開できなかった。東電はUPSを
迂回(うかい)させて冷却を再開する方針。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120630/dst12063022040007-n1.htm

冷却装置の運転再開=第1原発の4号機プール―東電

時事通信 7月1日(日)16時20分配信

 東京電力は1日、福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの水の冷却装置の運転を同日午後3時すぎに再開したと
発表した。6月30日午前6時25分ごろに警報が鳴り、停止していた。
 冷却装置内の電源装置の一部が故障したとみられ、東電は詳しく調べる。プールの水温は装置停止時は約31度で
復旧時は42.9度だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120701-00000049-jij-soci

保存燃料プールの上にクレーンを設置して取り出しの際にはケースにプール内で入れて取り出しの作業が
出来ないとこの不安定な4号機の冷却を年単位で継続しないといけない。
通常このような使用済み燃料棒は放射線遮蔽して青森の六ケ所村で保存されている。
六ヶ所村は現在満杯に近く受け入れられない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島第1原発4号機 てん末まとめ 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる