風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 南海トラフ地震死者40万人、関西大教授が試算

<<   作成日時 : 2012/07/07 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

南海トラフ地震死者40万人、関西大教授が試算

 東海、東南海、南海地震などが同時発生する「南海トラフの巨大地震」で想定される死者数は、静岡県から高知県の太平洋沿岸を中心に最大で約40万人に上るという試算を、河田恵昭・関西大教授が6日、大阪市で開かれた講演会で明らかにした。

 河田教授は、同地震による人的被害の想定をまとめる内閣府の作業部会の代表で、8月下旬に公表される予定の死者数の想定も同規模になるとの見通しを示した。

 東海・東南海・南海の三連動地震(マグニチュード=M8・7)による最大の死者数に関する従来の推計は、国の中央防災会議が2003年にまとめた約2万5000人だった。東日本大震災を機に内閣府は、南海トラフで起きる地震の規模をM9・0に引き上げ、今年3月に最大震度と津波の高さの予測を公表。現在、死者数など新たな被害想定の策定も進めている。

 河田教授は、ほとんどの人が自宅にいて避難が難しい真夜中に巨大地震が起きたと想定。最大震度6弱以上が予測される地域の人口を4700万人とし、東日本大震災の津波や過去の大規模地震時の死者数などをもとに推計した。その結果、津波による死者は静岡、愛知、三重、和歌山、徳島、高知の6県の太平洋沿岸で約36万人。地震では大阪府や兵庫県なども含め約4万7000人が亡くなるとした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120706-00001152-yom-sci

この試算は正式発表だろうか。
中央防災会議はもっと少ない人数に修正して発表すると思う。。。

南海トラフ被害想定、公表を8月下旬に延期
 東海、東南海、南海地震などが同時発生する南海トラフ巨大地震の対策などについて検討している内閣府の作業部会は27日、想定される人的被害や津波の浸水範囲などのデータを、8月下旬に公表することを決めた。
当初、6月中の公表を目指していたが、地形データの精査などに時間が掛かっているという。

 内閣府は3月末、巨大地震で科学的に考えうる最大の震度と津波の高さを公表している。新たに公表される予定のデータは、〈1〉さらに詳細な津波の高さ〈2〉津波の浸水範囲〈3〉人や建物の被害想定〈4〉液状化の危険がある範囲――など。
(2012年6月27日18時36分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120627-OYT1T00997.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南海トラフ地震死者40万人、関西大教授が試算 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる