風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 南鳥島周辺でレアアースの泥 EEZ内で初

<<   作成日時 : 2012/07/02 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

南鳥島周辺でレアアースの泥 EEZ内で初

 日本の最東端の南鳥島(東京都小笠原村)周辺の排他的経済水域(EEZ)内の海底に、ハイテク製品に
欠かせないレアアース(希土類)を大量に含む泥の大鉱床があることを東京大の研究チームが発見した。
同様の泥は南東太平洋の公海上などで見つかっていたが、日本のEEZ内では初。国内の年間消費量の
200年分を超える埋蔵量とみられ、採掘が実現すれば中国からの輸入依存を脱却できる可能性がある。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/120628/scn12062819070002-n1.htm

沖縄近海にもあったはずなので初では無いと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南鳥島周辺でレアアースの泥 EEZ内で初 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる