風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士山直下に活断層か=巨大山崩れの可能性も

<<   作成日時 : 2012/05/10 16:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

富士山直下に活断層か=巨大山崩れの可能性も−長さ30キロ、M7級・文科省

 富士山(3776メートル)直下に長さ約30キロの活断層が存在する可能性があることが10日、文部科学省などの調査で分かった。想定マグニチュード(M)は7クラスで、地震の揺れに伴い大量の土砂や泥流が流れる「山体崩壊」の危険性がある。約2900年前に起きた同様の災害も、この断層が引き金だった可能性もある。
 文科省や東京大地震研究所が2009〜11年度に行った地下構造調査で判明した。結果は静岡県にも伝えており、千葉市で20日から始まる日本地球惑星科学連合大会で発表される。(2012/05/10-12:02)
http://jiji.com/jc/c?g=soc&k=2012051000353

災害はデカ目に盛り上げて書いたり報道したりする傾向
防災装備を諦めさせて絶望させるためではないかと勘ぐる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士山直下に活断層か=巨大山崩れの可能性も 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる