風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 町会自治会のお仕事 8

<<   作成日時 : 2012/05/23 05:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★ハードとソフト
自分を含めて5人で区役所へ陳情と買出し、集会室の網戸のサイズ測りをした。
1行に書いてしまうと簡単だが3時間半も掛かっている。
雨降りの中自動車で区役所の危機防災課へ向かう。
大雑把に10月か11月ごろに最初の啓発活動として
危機防災課の方に主に老人世帯向けの講話を中心として
炊き出し(50食用アルファ米山菜おこわ×3個)と
雨が降らなければという条件で起震車の依頼。
話の中で津波想定は高潮より低く防波堤のだいぶ下で内水氾濫も大丈夫のようだ。
各種依頼の用紙に会長が記入して50食分のアルファ米セットを見せてもらう。
防災用は初めてなので今回から練習となる。

その後買出しにあちこちと回って
自治会資料の保存の書類ケース、コピー用紙、ハンコの受け取り、
座布団の殺菌防虫スプレー、など買出し。網戸は枠が無かった。

集会室へ戻り網戸の枠サイズをあーでもないこーでもないと測って
さてどうするとなったので自分が見積もり依頼をネットですることになった。

座卓の会議室に行ってほぼ雑談で諸々の自治会内容を話したりする。
主にゴミ問題が上手くいけば自治会は上手くいく、ということだった。
防災についてはちょっと自分が出たが会計さんは緊急時のまとめ役として
各階で状況把握をする班長と役員が動ければいいがその状況把握まで
周知するまで1年以上掛かるとの見通し。
この人材がないと飲み水や食料の保管管理ができないとのこと。

雑談がスカイツリーやゴミ置き場のガス台など分散化したので解散となった。

帰宅して2箇所に網戸4枚の見積もり依頼を出しておく。

疲れてうたた寝してしまう。
個人的なヤフオクは予算突破されて一部買えなかった。
メールのトラブルから復旧して個人的なネット買い物はその他順調に出荷されていった。

出不精はデブ症になるからいかんなあとは思いつつネットは便利であった。
オブラートな文章だがそれぞれ個人が無償でやっているので一部きつい発言もあった。
自分はこのダンジョンみたいな団地の隠れ機能を見つけて把握しないと
防災に役立てない。
状況把握とまとめをしつつこの1年は防災スタートの周知となる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
町会自治会のお仕事 8 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる