風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 町会自治会のお仕事 6

<<   作成日時 : 2012/04/29 04:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

町会自治会のお仕事 6

★叩くべき扉を見つけた感じ
ネットから情報を拾ってきた。
2008年度の調査らしいが正しいかどうかはわからない。

抜粋参照
高齢者世帯数(率)は70世帯(29.0%)であり、単身世帯数(率)は40世帯(16.6%)
高齢化率は37.2%、3割を超える一人暮らし高齢者55世帯が生活している。
注)本表でいう「高齢者世帯」とは65歳以上の高齢夫婦世帯のことをいう。
「一人暮らし高齢者世帯」とは、65歳以上の単身高齢者のみの世帯のことをいう。

ざっと1/5はもう手とり足とり世話しないと対災害の防災がどうと言ってられない。
現在は集会所でカラオケをしたりして交流しているようだ。

役員会の雑談を聞くとフィリピーナが少々居るらしいが
自治会との交流はどうなっているのか不明のまま。

常任役員会はゴールデンウィークがあるので5月第2週。
夜警をやっても防災勉強会ができなきゃ常任役員会に凸する予定。

日付がかわってまた電話凸するもほぼ留守電。
区の防災課と相談するが想定を考えるなら最悪自治体が壊滅するのも視野に入れとけとのこと。
町会長と区の防災を通じて連絡がとれる。
火災対策はやってきたが地震対策はあまりしていないとのこと。
現在手術待ちで入院しているので5月12〜15日に会うことになった。
やっと自治会副会長の一人と連絡が取れる、土曜の夕方に会うことになった。
ここの団地内でどうやって上手くコトを運ぶか密談、もちろん記録はとる。
GWがあるので常任役員会は1週ずれる。

リアルなRPGの世界に近い。
状況設定を再確認すると時間軸:現代、場所:東京下町、自分:中年リタイヤ組(腰痛持ち)
既婚で妻がいる、自分の子供はいない、我が家の二人分の備蓄はほぼ完了
我が家の資金的には厳しい、自治会の資金的には防災を始められるぐらい
町会内に団地の自治会があるが外の町会の方が自立している
団地は約250世帯、外の町会は約30世帯、合わせて約280世帯、人口不明(と聞いた)
(ちょっと数字は怪しいと思うが・・・)
団地は1階から約2名の役員を選出、その他常任役員・協力員・外部助言者(本職)
ほとんどの住人は自治会に対して興味を失いつつあるが自治会費はほとんどの世帯が払っている。

日付かわって明日の密談用の資料を厳選する。
1ページ目はVer2になった。

★懇談
自治会常任役員の方1名と約2時間、防災について集中討議出来た。
(世帯と戸では数え方が違うので戸にする。)
この団地は造りが約250戸で約240強の入居がある。
この団地が所属している町会は団地を除いて他に約300〜400戸ほどあるようだ。
新規に小さい集合住宅が建って増えている。
約600〜700戸ほどなのだろうか・・・

自治会ではまだ防災について考えてこられなかった。
消防や区の防災課などの協力も必要ではないか、とのこと。
町会でまとまってではなく一部でも請願があれば区の助成が受けられるので利用したいとのこと。
老化率が高いので若い協力員が必要で募っていきたい、少子化が強く出ている。
町会に関わっているのはこの団地で1〜2名ではないだろうか、とのこと。
万が一の為に掛け捨ての簡易な保険も考えて安心を担保していきたいと提案する。
その他の各項目事項について洗い出しの検討作業が続く、情報の収集も多い。
近所に区へ払い下げされた土地があるので防災公園にするのはいいかもしれない。
近所の町会が逃げる避難場所が少な過ぎる点は一致した。
少し離れた小学校には飲用可能な深井戸があるがご老体には遠い。
近所で深井戸・煮炊きの火・非常トイレが設置できれば心強い。とのこと。

とりあえず、常任役員会と役員会の両方で提案を出すのでこれから根回しすると言われる。
少し待ってくれ。とのこと。待たないけど。。。

集めた資料はホクホクと持ち帰った。こうゆう資料は読めるようだ。

しばらく休憩して食事後にまとめの覚書を妻に打ってもらう。
情報の共有としては団地内に電子共有フォルダがあってアクセスできればいいのだが、
老化率が高くて紙媒体が普通になっている。
1階の東西フロアの壁貼り出しと各階エレベーターフロアの貼り出し、回覧板など。

PCが普及し始めて20年以上経つが、普及したのは携帯電話であった。
このあたり、情報が電子化されていて当たり前に感じる感覚とのズレを感じつつ
我が家は実利の実が得られればいいので名誉欲はアゲてしまう。
根回し役には名誉が必要だろう。

防災と言っても立ち上げから行うのではこの少子高齢化では
いろいろと年の功も利用しないと住人がやろうと思ってくれない。
また住人の興味を引き出さないと盛り上がらず、独居老人の安否確認すら出来ない。

こうゆう防災のハナシは興味のあるなしがきっぱり分かれるので
ブログでも読む人は分かれて少ないだろう。
少々応援が欲しいとこだがそれは贅沢かな。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
町会自治会のお仕事 6 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる