風狂屋の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発動静まとめ

<<   作成日時 : 2012/04/17 01:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<浜岡原発>防波壁のかさ上げが焦点に 津波追加対策

毎日新聞 4月16日(月)23時39分配信
 中部電力は16日、南海トラフの巨大地震で最大21メートルの津波が浜岡原発(静岡県御前崎市)を襲う場合に備えた追加対策の是非を検討する方針を盛り込んだ報告書を経済産業省原子力安全・保安院に提出した。東京電力福島第1原発事故を受け、中部電が11年4月から着手している浜岡原発の津波対策には、どのような追加対策が必要になる可能性があるのか。現状と課題をまとめた。【森有正、高橋昌紀】

【写真で見る】浜岡原発:6号機新設を一時凍結する方針固める…中部電力

 中部電は現在、発電所敷地の海側に約1.6キロにわたり、海抜18メートルの防波壁の基礎工事に昨年11月着手した。だが、内閣府の有識者検討会が試算した津波の高さは最大21メートルで、この防波壁を乗り越え、敷地内に浸水する。中部電は防波壁の強度について「18メートルをさらに5メートル程度上回る津波があっても大丈夫だ」とし、今後は高さを引き上げるかどうかが焦点となる。

 中部電は「技術的には可能」としているが、柴山知也・早大教授(海岸工学)は「沖合にも防波堤を建設するなど複数の対策を講じることが重要だ」と指摘する。

 ●建屋の浸水防止

 防波壁を越え、敷地内に海水が入ってきた場合に備え、中部電は建屋の扉を防水構造の二重扉にするなどの対策を進めている。さらに、屋外にある冷却のための海水取水ポンプが浸水した時のために、新たなポンプを防水構造でできた建屋に入れる。

 ただ、巨大地震で海底地盤が隆起するなどすれば、沖合にある取水塔や、海水を敷地内の取水槽まで運ぶトンネルに支障が出る可能性も指摘されている。

 ●電源・注水

 福島第1原発事故と同様に非常用電源の機能が喪失した場合の対策として、中部電は原子炉建屋の屋上に災害対策用の電源装置、海抜25メートル以上の高台にガスタービン発電機などを設置。さらに、注水機能維持のため、高台に水が入ったタンクを増やすなどしている。

 建屋上の災害対策用電源装置は海抜20メートル以下に置かれているものもあり、再配置が必要になる可能性もある。

 中部電は現状の一連の対策で約1400億円を投じるが、追加対策が必要になれば、対策費はさらに膨らむ。浜岡原発の停止で業績が悪化しており、追加対策は経営を一段と圧迫しかねない。
最終更新:4月17日(火)0時53分

毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000105-mai-pol

浜岡原発:5号機の復水貯蔵槽に40個の穴 11個以上鋼材貫通 /静岡

毎日新聞 2012年03月31日 地方版

 中部電力は30日、御前崎市の浜岡原発5号機で、原子炉建屋にある復水貯蔵槽(縦33メートル、横7メートル、高さ13メートル)のステンレス製内張材に40個の小さな穴が見つかったと発表した。うち11個以上で鋼材(厚さ約4ミリ)を貫通していた。

 5号機は定期検査中で、貯蔵槽は水が抜いてあり、漏水や外部への放射能の影響はないという。

 穴は底部に35個、壁部に5個あった。直径は最大で約6ミリ。貫通孔はすべて底部のもので「11カ所以上、16カ所以下」あるという。

 昨年5月、運転停止中の事故で流入した海水が貯蔵槽にたまり、ステンレス鋼材が腐食したのが原因らしい。

 同10月から行ってきた塩分除去と修復作業を実施する中で損傷に気づいた。

 貯蔵槽の水は非常用冷却水にも使用し、損傷場所は法令で決められた国への報告事象に該当する。中電は地元自治体(県と御前崎市など4市)に安全協定に基づき通報した。【舟津進】

http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20120331ddlk22040189000c.html?inb=yt

<大飯原発>福井県が議論を開始 早期の再稼働難しい情勢

毎日新聞 4月16日(月)23時35分配信
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題で、福井県は16日、政府による再稼働要請後初めて、県原子力安全専門委員会を開き、政府の「安全性の判断基準」などについて議論を始めた。西川一誠知事と時岡忍町長は、それぞれの議会の判断も踏まえて再稼働の是非を判断するが、反発を強める大阪市や滋賀県などに、政府がどの程度理解を得れば十分としているかは見通せず、早期の再稼働は難しい状況だ。【丸山進】

 16日の委員会の会合では「見切り発車で再稼働するのは問題」などの厳しい意見が出たが、委員長の中川英之・福井大名誉教授は会合後、「判断基準」は過去の委員会の指摘を受けて改善されていると評価した。専門委は18日に大飯原発を視察するなど計5回前後の会合を開き、早ければ来週中に結論を出す見通しだ。

 また、国がおおい町で、国や委員会の判断についての住民説明会を近く開催。その後、西川知事と時岡町長が、議会の判断も踏まえて再稼働の是非を判断し、政府に伝える。しかし、国内で唯一稼働している北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)が定期検査で停止する5月5日までに、政府が再稼働を決断するのは難しそうだ。

 政府は再稼働のために、福井県以外の周辺自治体にどこまで理解を求めるつもりなのか、明確にしていない。枝野幸男経済産業相は、福井県に隣接する滋賀県や京都府には政務三役が説明に赴く方針は示しているものの、橋下徹・大阪市長が強硬に再稼働に反対している同市などは「求めがあれば、安全性・必要性について政府として丁寧に説明したい」と述べるにとどまっている。

 地元からは「電気を必要としているはずの地域から、原発は必要ないと言われるのは納得できない。国は理解を得るよう努力してほしい」(おおい町幹部)と、国の対応に不満が上がる。

 再稼働の最終判断に向けて、必要な作業や理解を求める対象が不明確なまま、稼働中の原発がゼロになる日が近付いている。
最終更新:4月17日(火)0時43分

毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000104-mai-pol

<浜岡原発>津波影響評価を提出 6日で燃料露出の可能性も

毎日新聞 4月16日(月)21時33分配信
 中部電力は16日、南海トラフの巨大地震が発生し、浜岡原発(静岡県御前崎市)に高さ21メートルの津波が来た場合の影響評価についての報告書を経済産業省原子力安全・保安院に提出した。停止中の現状を前提に「安全を確保できる」としている一方で、冷却機能が失われ注水が停止すると、最短で6日後に燃料が露出する可能性があるとした。被災後に迅速な復旧作業ができるのか問われそうだ。

【写真で見る】浜岡原発:6号機新設を一時凍結する方針固める…中部電力

 同原発は昨年5月に政府の要請で停止しているが、東京電力福島第1原発事故を踏まえ、海抜18メートルの防波壁などを建設している。しかし、今年3月末、内閣府の有識者検討会は巨大地震が発生すると、最大21メートルの津波が押し寄せると予測。保安院は中部電に対し、浜岡原発への影響を評価する報告書を16日までに提出するよう求めていた。

 報告書によると、「現状は冷温停止状態にある」とした上で、「敷地が浸水し原子炉や使用済み核燃料プールの冷却機能が喪失しても、燃料が冷却水の水面から露出するまでに最短で約6日ある」と分析。「高台に配備した可動式ポンプなどで代替注水できる」としている。

 一方、再稼働した場合の対策について報告書は「(今後入手するデータを)詳細に検討し、必要な対策を講じる」と追加対策の是非を検討する考えを示した。中部電の増田博武原子力部長は記者会見で「有識者検討会の試算の根拠となったデータが十分に提供されていない。評価には数カ月かかる」と先送りする考えを示した。

 中部電は12年中の防波壁完成を目指している。追加対策としては、防波壁の高さ見直しが想定されるが、大規模な追加工事が必要になった場合、工期が遅れ、再稼働が遠のく可能性がある。

 一方、保安院は今月中にも報告書が妥当かどうか判断。5〜6月に有識者検討会が詳細な津波高を推計するのを踏まえ、専門家会合で浜岡原発で想定する津波高を引き上げるか検討する。【森有正、高橋昌紀、岡田英】

最終更新:4月16日(月)21時54分

毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000093-mai-pol

使用済み核燃料中間貯蔵施設:松井・大阪府知事、関西で受け入れを検討

毎日新聞 2012年04月16日 大阪夕刊

 大阪府の松井一郎知事は16日、記者団に「このまま原発を動かし続けるのであれば、福井県に全て押し付けるのではなく、関西電力管内で恩恵を受けている自治体が受け入れを検討するのは当然」と述べ、使用済み核燃料の中間貯蔵施設を関西で受け入れるべきだとの考えを示した。

 関電大飯原発の再稼働に関連し、西川一誠・福井県知事が他府県での中間貯蔵施設の受け入れの必要性に言及したことを受けた発言だが、具体的な受け入れ手順については触れなかった。【平野光芳】
http://mainichi.jp/area/news/20120416ddf041040011000c.html?inb=yt

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発動静まとめ 風狂屋の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる